サイアミディン

やせ体型に潜む健康課題

やせている方が美しいという価値観が多数派の現代社会ですが、

その価値観のせいでやせ型のタイプの人に潜む深刻な健康問題がマスクされてしまうという危険があります。

特に私はやせ型のタイプの人への糖質制限指導は、便秘や脱力感、あるいはアレルギー反応など比較的トラブルが多い印象を持っているので、

見た目ではわからない病気の潜在的なところにまで意識を向ける必要性を強く感じています。

そんな中、yahooニュースで次のような記事が紹介されていました。

やせ形の女子中学生、側湾症に注意 かばんは関係なし
朝日新聞デジタル 2/26(日) 11:06配信

続きを読む»

関連記事

ガンディーの断食

NHK100分de名著の今月のテーマは「ガンディー」です。

おそらく「ガンジー」といった方が通りがいいこの偉人の名は、

正式な発音からすれば「ガンディー」の方が近いのだそうです。

二十世紀前半、非暴力・不服従の精神でイギリスの支配制度からインドを独立へと導いた事で知られていますが、

番組から学ぶ所によれば、ガンディーは優れた宗教家であり、政治家でもあったというのです。

興味を持った私はガンディーの関連本を手に入れてさらに理解を深めようとしました。

続きを読む»

関連記事

本当の自分の道を進むために

生まれたばかりのヒトの子は、

親の支えがなければ生きていくことができないひ弱な存在です。

親は我が子のために必死になってこどもを守り、

こどもは親によって守られたその道を進みます。

守られながら成長していく中で、

次第に自我や自立心が芽生えていき、

やがて雛鳥が巣を旅立つかの如く、

親から離れて自分の道を進んでいく事になるわけですが、

果たしてヒトである私達は本当に自分の道を進むことができているでしょうか。

続きを読む»

関連記事

歯をくいしばれ

人には歯をくいしばってでも

雨風にさらされようとも 槍が身体に刺さろうとも

信念を持って突き進まなければならない道がある

そうやって無理矢理に進めば

道を汚すかもしれない 木々を荒らすかもしれない

自然を乱してしまうかもしれない

けれどその先に

誰もが望む未来が待っているのなら

歯をくいしばってでも進まなければならない

我がままに生きるのだ

歯をくいしばれ 自分

歯をくいしばれ

歯をくいしばれ



たがしゅう

自信過剰は失敗に気付かない

医師として謙虚さは非常に大事な要素だと思っています。

患者さんからすれば、控えめな医師より自信満々に治療を提案してくれる医師の方が頼りがいがあっていいと思われるかもしれませんが、

自信過剰は医師にとって致命的ともなりえる要素だと私は考えています。

最近、失敗学について考える事の多い私です。

失敗する姿は、見る人が見れば情けなく映るかもしれません。

あるいは失敗を示して責任を果たしたと自己満足しているように見えるかもしれません。

けれど、失敗を世間の目にさらすことは大変勇気が要る行為なのです。

続きを読む»

関連記事

世界をネガティブな目線で見ない

私が変われば世界は変わる」というアドラー心理学から学んだ言葉は、

どんなに悪い状況でも自分の視方次第で良い方向に持っていく事ができるというポジティブな意味で用いがちですが、

逆もまた然りなのだなと思う場面もよくあります。

私は神経内科医として認知症診療に携わる機会も多いです。

多くの患者さんを見ていて思うのは、「認知症になるのが怖い」という大きな不安です。

その不安が時に暴走し肥大化し、自分自身を苦しめてしまっているという状況を、

私は医師の立場から客観的に見ていて強く感じます。

続きを読む»

関連記事

短期的には成功でも、長期的には失敗のことがある

先日、漢方の名医の先生を囲む勉強会に参加して参りました。

ものすごく豊富な経験と卓越した治療技術を持っているにも関わらず、とても謙虚で何歳になっても学ぼうとする姿勢を持っておられ、私が大変尊敬している方です。

その先生がこんな事をおっしゃっていました。

「漢方医学にはなぜ効かなかったかという事に対する原因の考察が不足している。たとえ間違っていたとしてもいいから、効かなかった原因に対する自分なりの仮説を立て、それを検証すべきである」

これはまさに、失敗を次の成功に活かすための失敗学の考え方そのものであるように思うのです。

続きを読む»

関連記事

高度な炎症があるとケトン体は産生しにくい

私は脳を専門とする神経内科医なので、

重症の脳梗塞患者さんを診療する機会も多々あります。

脳梗塞で重症になると多くの場合意識が障害されています。

また顔面を含めた重度の半身麻痺を伴っている事が多く、のども含めて半身麻痺となっているため嚥下能力も低下している事が多いです。

そうすると脳梗塞と一緒に起こってくるのが「誤嚥性肺炎」です。口腔内の常在菌を唾液と一緒に飲み込んだ際に嚥下能力が低下しているため一部が気管に入り、

普段見ない菌だという事で肺で異物と認識され、炎症を起こしてしまうのです。

続きを読む»

関連記事

慎重に減薬していかねばならない

大病院で原因不明の不随意運動と診断され、

私が断薬サポートを行い、長年の不随意運動がものの1週間で改善したというケースを以前記事にしました

しかしその後、この患者さんは睡眠薬を含めたベンゾジアゼピン系という薬の離脱症状としてのイライラ、焦燥感を生じ、

私の知らないところで救急受診され、別の医師の下入院になっているという事を後から偶然知るという事になりました。

私はこの患者さんの断薬治療に「失敗」してしまったのです。

続きを読む»

関連記事

自分の中の欲と真剣に向き合う

とある海外の大企業のトップが政治家に賄賂を贈ったとの疑いで逮捕されたというニュースを耳にしました。

疑いという事なので、真偽の程は定かではありません。しかし、私がこういう話を聞いていつも思うのは、

「お金への欲望は際限がなく、しばしば人間をダメにする」ということです。

より多くの欲を満たそうと邁進するのではなく、少しの欲で満足するということ

何か商売をするにしても儲けに走るのではなく、他者貢献を第一義におくということがとても大事な事であるように思います。

大ヒット映画、「君の名は。」をプロデュースした川村元気さんの言葉が妙に頭に残ります。

「死、お金、恋愛、この3つは人間にコントロールできないものである」

金銭欲にまみれたくないとは思いますが、お金がないと生きていけないというのも事実です。

そのはざまで悩みながら少欲を心がけていきたいと思いますが、

例えばもしも、宝くじが当たって10億円急に手に入ったという状況が訪れたら、自分は少欲を守りきる事ができるでしょうか。

続きを読む»

関連記事
プロフィール

Author:たがしゅう
漢方好きの神経内科医です。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR