FC2ブログ
サイアミディン

脂質制限に対する私見

糖質制限はよくないとする人達の主張その5は「糖質制限は糖代謝を悪化させ、脂質制限が糖代謝を改善させる」です。

糖代謝とはブドウ糖(グルコース)を起点とした一連の代謝反応系のことを指しますが、

糖質制限をするとそのブドウ糖を使用しないことで、糖代謝を錆びつかせてしまうと、

そして真の糖代謝障害の原因は細胞内に蓄積した脂質なのであって、

糖代謝を改善するために制限すべきは糖質ではなく脂質なのだという御意見をくだんの講演会でうかがいました。

これに関しては、まず糖質制限をすることでブドウ糖を使用しなくなるのかと言われればそういうわけではありません。
身体の細胞の中で、唯一赤血球だけはブドウ糖しか利用することのできない細胞群です。

従って、糖質制限であろうがなかろうが、仮に赤血球にブドウ糖が供給されなければヒトは生きていく事ができないということになります。

ところが実際に糖質制限をしても、たとえ外部からの糖質摂取を仮にゼロにしたとしても、ブドウ糖がゼロになる事はありません。

なぜならば、まず肝臓での糖新生システムがあって、さらにコルチゾール、アドレナリン、成長ホルモン、甲状腺ホルモンといった各種血糖上昇作用のある物質などによる多重のセーフティネットがあることによって、

糖質制限していても、ブドウ糖は一定の値で保持され、ホメオスターシス(恒常性維持)が守られているのです。

ただ1日3回の糖質摂取が人間の基本的な食生活だと考える立場からすれば、

糖新生という緊急避難システムを常時運転している状況は不自然で身体に負担がかかっているという解釈をされることがあります。

実際、糖新生システムはエネルギーを生み出すのに無駄が多いということが生化学的に説明される場合があります。

グルコース1分子が解糖系で代謝されると2つのATPがエネルギーとして消費するのに対して、

糖新生で1分子のグルコースを生み出すのに6つのATPが必要となるので、

糖新生で普段のグルコースすべてをまかなおうとすると、グルコース1分子あたり4つのATPを余分に消費する計算になるので、

糖新生でブドウ糖の維持を図るのは不経済であるという考え方です。

しかしながら、同じグルコース1分子でも酸素存在下でミトコンドリア内で代謝されれば、38つものATPが生み出されますし、

ましてや糖質制限状態だと膨大な脂質によるエネルギーで4つのATPのロスなど優にまかなえるほどの大量のATPに満たされた代謝環境になりますので、

糖新生の持続運転状態が即、エネルギーの無駄な消費につながるというわけではありません。

というよりも農耕文明が生み出される前の、多量糖質食がほとんど存在していなかった時代で過ごす時間が長かったヒトおよびすべての動物種のことを考えれば、

糖新生を持続運転させ、長持ちエネルギーを産み出し続けることができる脂肪酸-ケトン体システムを基本的に使用する体制をとることの方が自然というか、恒常性維持のために有利な状況であり、

1日3回以上外部から糖質を摂取し、容易にエネルギーを獲得できる状況の方が不自然であって、

そんな楽な状況には容易に依存するようになるために、その楽な状況の方が自然だという考え方にシフトしていった流れが見えてきます。

というわけで、糖質制限をしていても別に糖代謝を使っていないわけではないし、

ブドウ糖が使えなくなっているわけでもありません。むしろ最小必要量で無駄のない安定的なブドウ糖の使い方ができていると言えるのではないかと思います。

なので糖質制限は糖代謝を悪化させませんし、糖質制限をすることでほぼ例外なく血糖値やHbA1cの数値が改善していく事実がそのことを支持していると思います。


糖質制限が糖代謝を悪化させるという主張の根拠は、糖質制限実践から久しぶりに糖質を摂取し、血糖値が急上昇するイベント、

ひいてはその後血糖値が急降下して、いわゆる「糖質酔い」と呼ばれる現象をきたすことにあるとされていますが、

この糖質酔いは機能性低血糖症と類似のイベントであり、機能性低血糖症がベースの病態であるアセトン血性嘔吐症の発症要因にストレスがあるということも以前私は記事で指摘しました。

アセトン血性嘔吐症をきたしやすいのはやせ型で華奢な小児です。

そして久しぶり糖質摂取後の血糖上昇、および糖質酔いをきたしているのも多くはやせ型、非筋肉質、消化吸収障害のある人です。

前者は成長過程で克服できるやせですが、後者は成人後通常の生活でなかなか改善できないやせです。

そして前者は発症に一過性のストレスイベントが関与しており、後者は慢性的なストレス刺激状態が病態の難治化に関わっています。

そして肥満体質の私などは久しぶりに大量糖質摂取をしても、血糖急上昇や糖質酔いイベントは全く起こしません

つまり糖質制限によって糖代謝異常をきたすと思われる人には必ずストレスの関与があり、そしてそれは糖質制限実践者全員に普遍的に認められる現象ではないということになります。


次に「脂質制限が糖代謝を改善させる」という見解についてです。

論者の先生は細胞内脂肪こそが糖代謝を悪化させる諸悪の根源であり、

PFC比で脂質10%以下となるくらい厳密な脂質制限をしなければ、その細胞内脂肪は取りさることはできないという論を展開されました。

そして炭水化物を過剰摂取しても体脂肪にはほとんどならないので、炭水化物過剰摂取は糖代謝障害の原因ではないという主張を、

以下の論文をその根拠に述べられました(Am J Clin Nutr. 2001 Dec;74(6):737-46.

この論文は、BMI25程度の女性(ここではやせ型と表現)8名とBMI31程度の女性(ここでは肥満型と表現)5名を被験者にして、

通常食(炭水化物48%, 脂質40%, タンパク質12%)を4日間与えた場合と、通常食に全カロリーの50%分食事量上乗せ(炭水化物50%, 脂質42%, タンパク質8%)した食事を4日間与えた場合とで比較し、

その食事上乗せ分の糖質にスクロース(砂糖)を使った場合と、グルコース(ブドウ糖)を使った場合とで身体の中での脂肪合成量(De novo lipogenesis)にどのような違いが出て、総脂肪量にどのくらいの影響を与えるかというのを調べたものでした。

ですので、PFC比的には微々たる変化なのですが、論文の結論としては、

スクロースメインで上乗せしても、グルコースメインで上乗せしても体内脂肪合成量はそれがない場合に比べて2~3倍増加したけれども、体内の総脂肪量には大きな変化はみられなかったということでした。

この論文の結果で「過剰な炭水化物をとっても体内脂肪を増やさない」とは言えないと私は思います。

そもそもPFCバランスへの影響は少ないですし、それでも体内脂肪合成が進んだことが問題ですし、

わずか4日間で脂肪の蓄積のすべてを語るには観察期間が短すぎるからです。

おそらくそのような食生活が長く続けば、体内脂肪合成亢進の状態が続いて、次第に脂質の自己調整能が破綻し、

徐々に脂肪の蓄積が増えていってしまう流れが私には容易に想像されます。

しかも体内脂肪合成が亢進するという事は、その糖代謝障害の原因とされる細胞内脂肪を産み出しているのは、

スクロースやグルコースを含む糖質であるということにやはりなるのではないでしょうか。

もっと言えば、脂肪を蓄積する方向に代謝を傾けているのはインスリンです。

脂肪が多いから細胞内脂肪が蓄積するのではなく、脂肪が多い状況にインスリンが作用する事によってはじめて細胞内脂肪が蓄積されることになります。

インスリンが過剰に働いていない状況であれば、たとえそこに脂肪がたくさんあったとしても、

血管内に取り込むことができる限界量、いわゆる飽和状態に達した時点でそれ以上は細胞内に取り込めなくなりますし、

その時点で体内脂肪合成量を調整することで、体内での脂肪量を一定に保つメカニズムが働くことになります。

ですので脂肪の量を極限まで落としたとしても、体内での脂質合成量がカバーし、それでも脂肪は一定の値に維持されるはずです。

従って、10%以下の脂質制限をすれば細胞内脂質がなくなるというのは実際難しいことであるように思えます。

さらに言えば、もしも脂質制限の方向が正しいのだとすれば、

現行の糖尿病食(炭水化物60%, 脂質20%, タンパク質20%であっても、

糖質制限食よりも良い結果が出ていないとおかしいということになりますが、

DIRECT研究に象徴されるように実際には糖質制限食の方が糖代謝、脂質代謝含めて、糖質制限食の方が脂質制限食よりも少なくとも6年以上よい結果をもたらしています。

しかもDIRECT研究の場合、厳格な糖質制限を行ったのは最初の数か月のみですから緩い糖質制限食でもその結果です。

それなのに、脂質制限を10%に強めたらいきなり良い効果が現れるというのはちょっと無理がある話です。

従って、脂質制限が糖代謝を改善させるという意見に対しては私は不同意です。

ベジタリアンなどの脂質制限食で良い効果が出るという人は腸内細菌叢などの特殊要因が関与していると考える方が自然だと私は思います。


たがしゅう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

夫婦で8年糖質制限しております。家内は痩せ型ですが、全く問題ございません。

>もしも脂質制限の方向が正しいのだとすれば、

現行の糖尿病食(炭水化物60%, 脂質20%, タンパク質20%であっても、

糖質制限食よりも良い結果が出ていないとおかしいということになります。

その通りかと思います。ひょっとして、差別化を図る意図もあっての、脂質10%以下なのかもしれませんね。しかし、その根拠としてこんな程度の論文を示して語っていたのですね。素人は詳しい論文の中身など知りませんから、騙される聴衆もいるでしょう。でもその様な論文を示してまで自説を展開するその医師の本心はどこにあるのでしょう。他にあるのではないかと勘ぐりたくなります。

Re: タイトルなし

るぱん さん

コメント頂き有難うございます。

御指摘の通り、やせ型の人が皆糖質制限が合わないというわけではありません。ここは誤解してもらいたくないところです。

立場が変われば見える景色は変わるものです。糖質制限推進派の立場から見る景色と脂質制限推進派の立場から見る景色は、同じものを見ていたとしても違うものに見えるということです。他意はないと私は思います。
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
本名:田頭秀悟(たがしら しゅうご)
漢方好きの神経内科医です。
南鹿児島さくら病院にいます。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

南鹿児島さくら病院では職員を随時募集中です。
詳しくはホームページhttp://www.nissyoukai.or.jp/
を御覧になって下さい。
見学申し込みもお気軽にどうぞ。

※当ブログ内で紹介する症例は事実を元にしたフィクションです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR