サイアミディン

たとえ糖質制限していなくとも

春は出会いと別れの季節です。

先日、糖質制限をしていても良い人とは限らないという話をしましたが、

逆もまた然りで、糖質制限をしていなくても良い人はたくさんいるという事も忘れてはいけません。

私は今日で今の職場を離れ、また別の場所でお仕事をすることになりました。

今日までいた病院でも私のできる範囲で糖質制限普及活動をしてきたつもりですが、

結果的には十分に広めることができたとは言い難い状況です。

ですが、糖質制限を実践されなくても、優しくて親切で思いやりのある人がたくさんいる職場だったと思います。

続きを読む»

関連記事

信念が先か、欲望が先か

私が糖質制限をし始めの頃には、

自分が周りに糖質制限を勧めても、ほとんどの人が理解してくれなかったので、

そんな中糖質制限を始めてくれる人は、自分の頭で考える力を持っている良い人だと思っていました。

ところが5年以上経過した現在、まだまだマイノリティとは言え、糖質制限という言葉が世の中に大分周知されてきた状況の中で、

糖質制限をしている人が必ずしも良い人ではないと感じる事が増えてきたことも感じてきています。

糖質制限を利用して商売に走る人、糖質制限を通じてつながりを求める人、糖質制限を推奨して自らの権威を高めようとする人・・・

それらに共通しているのは「欲にまみれている」ということではないかと思います。

続きを読む»

関連記事

不自然な物質への依存の怖さ

いつも見ているケアネットニュースで、こんな記事が紹介されていました。

オピオイドとベンゾジアゼピンの併用はリスクか?/BMJ
提供元:
ケアネット
公開日:2017/03/28


オピオイドというのは簡単に言うとモルヒネなどの麻薬とそれに準じる薬物の総称です。

がん性疼痛など難治性の痛みに対して最も強力な鎮痛作用を有すると言われているのがオピオイドです。

オピオイドを適切に使用すればどんな痛みでもコントロールする事ができると言われている反面、問題となっているのはその過剰投与です。

例えばモルヒネを使用すれば便秘の副作用は必発ですが、

それ以外にも意識混濁、精神興奮、呼吸抑制、口腔内乾燥、皮膚掻痒、排尿障害、痙攣など、

痛みを抑えたいがために使い過ぎると様々なトラブルを引き起こしてしまう諸刃の剣なんです。

続きを読む»

関連記事

快を感じる医療は適切とは限らない

ブログ読者のSLEEPさんより次のようなコメントを頂きました。

今の医療というのは長く生きることに特化していて楽しく生きることに対応してないですね。

良薬は口に苦し、と言いますが口に苦いのが良薬と言うわけではないでしょう。

病気になったら真面目に人生を送れ、即入院、手術だ、全力でリハビリだ、禁酒、禁煙なんて当たり前だというのもね、苦しい闘病をさらに苦しくしてどうするんだと思います。


胃瘻、人工呼吸器、気管切開、中心静脈栄養などと、

現代医療は延命治療の技術をかなり発達させてきました。

私も神経内科医としてそういう処置がなされる患者さんをたくさん診て来ました。

個人的には苦しいだけの延命治療は施す側の自己満足になるだけの思いがあるため、あまり実施したくない処置なのですが、

家族の希望や状況、ひいては病院の診療指針などを踏まえると、延命行為を勧めざるを得ない状況があるのです。

続きを読む»

関連記事

便利をあえて捨ててみる

断捨離を鋭意実践中の私ですが、

本を友人にあげるという以外にも試みてみた事があります。

それは「椅子を捨てる」というものです。

ヒトは二足歩行に適応し、立って活動することを基本にしている動物です。

しかし椅子というものが人為的に作り出され状況は変わってきました。

ちょっと腰を下ろして座る程度のものであれば、先史時代でも手頃な岩などに座ることはできていたでしょう。

しかし、椅子を作り、その座り心地をよくする技術を高めていった結果、

ヒトはただ座るだけではなく、「楽に座る」ということを覚えてしまったのです。

続きを読む»

関連記事

与えられた情報をどれだけ活用できるか

かつて中学校の校長先生から卒業時に贈ってもらった「和して同ぜず」という言葉が、

大人になってからまた違った味わいを持つ言葉として感じられたという内容を以前記事にしましたが、

先日、友人に読まなくなった本をあげようと本選びをしていたところ、ふと気が付いたことがありました。

それは、具体的な相手を想像して本をあげようとする場合、おそらく相手に興味を持ってもらえないであろう本が結構な割合で存在するということです。

例えば私は漢方の本を山ほど所有していますが、

漢方に興味がない相手に渡してもおそらく無用の長物となってしまい、それならばいつか読むかもしれない私が持っていた方がまだ価値がある、という事になります。

一般的な自己啓発本とか、誰もが気軽に読めるマンガとか小説とかならあまり人を選びませんが、

糖質制限をきっかけに興味が広がり私が購入してきた本達が、万人受けするかと言われれば甚だ疑問です。

続きを読む»

関連記事

害を与えない治療による最期

この感じた気持ちを忘れないうちに書き記しておきましょう。

末期の膵臓癌の患者さんで重症の脳梗塞を起こした方を入院で受け持ちました。

進行がんがあると時折血液を固める成分に異常が生じ、脳梗塞を合併する事があるのです。

画像検査では膵臓を大きく占拠するその病変は周囲の組織を破壊して強い炎症反応を起こしてしまっており、

何か食事を無理にでも入れてしまえば消化液が分泌されて、そのせいで自分の組織が融解して炎症が増悪してしまう状況でした。

肝臓にも転移が多発しており、CA19-9という腫瘍マーカーも基準値が37U/ml未満の所、300000U/mlと振り切れた数値を示しているような状況でした。

続きを読む»

関連記事

身体の声を聞くのに慣習が邪魔をする

糖質制限批判本を読むことは、自分自身の頭の整理につながるとともに、

時折、新しい情報と出会える事もあるので、油断せず丁寧に読み込んでいく必要があります。

その際、自分の中での思い込みを外して、できるだけフラットな気持ちで読むとよいと思います。

「どうせろくなことが書かれていないだろう」という決めつけで読まないことです。そうする事で見えてくるものがあります。

それを踏まえて、引き続きこちらの糖質制限批判本を読んで気付いた事を記事にします。

「炭水化物」を抜くと腸はダメになる (青春新書インテリジェンス) 新書 – 2015/6/2
松生 恒夫 (著)


今回紹介するのは、糖質制限をすることで腸の調子が悪くなった症例を紹介するこちらの文章です。

続きを読む»

関連記事

腸の調子は食物繊維だけで決まらない

糖質制限がだいぶ時代の波に乗って来た感覚を得ています。

そんな中、公然と糖質制限を批判する医師ははっきり言って時代遅れと感じざるを得ません。

当ブログでは専門家と呼ばれる人達が書いた様々な糖質制限批判本に反論記事を書いてきました。

今回は次のような批判本を目にしましたので、中身を吟味していました。

「炭水化物」を抜くと腸はダメになる (青春新書インテリジェンス) 新書 – 2015/6/2
松生 恒夫 (著)


結論から言えば、この本でも目新しい事が述べられていたわけでもなく、

むしろ専門家としてどうなのかと思うごまかしが満載の文章でした。

今回はこの本のごまかしについて指摘したいと思います。

続きを読む»

関連記事

レールの上ではなく平野を進む

私は医師の世界では取り立てて優秀な方ではありません。

もともと大学受験のセンター試験で大失敗し、真面目が取りえであった私を母校の面接官が温情でギリギリ医学部へ入学させてくれたところから始まっています。

医師になって以降も内科医として一般的な事は対応できますが、

取り立ててすごい専門技術があるというわけではなく、研究者として論文を執筆する能力も低い方です。

医師の世界には私の上にたくさんの優秀な医師達が君臨しています。

同じ土俵で勝負をすればそうした優秀な医師達にアドラー心理学で言う所の「劣等コンプレックス」を感じざるを得ない状況ですが、

世界は広いのです。必ずしも同じ土俵に居続ける必要はないと気付けば随分と楽になります。

続きを読む»

関連記事

ダラダラ依存から抜け出すために

休みの日に少し時間があくと私は、

ついつい無駄な時間を過ごしてしまうクセがあります。

それは自分の弱さに由来する所が大きいのですが、

ネット社会が発達したことも影響していると私は思っています。

暇さえあれば、スマホでブログ見たり、メールチェックしたり、ネットニュースを見たりしてしまっている自分がいます。

これのせいで休日の時間の大部分を有意義に使うことができなかったと後で後悔してしまう事が私にはしばしばあるのです。

いつもそんな風に後悔するというのに、なぜ何度も同じことを繰り返してしまうのか、

こういう所にも依存症の魔の手は忍び寄ってきているのではないかと思うのです。

続きを読む»

関連記事

警告システムがオーバーヒートする前に

私達は今、現代医療の技術を用いれば、

血液検査や画像検査などでいろいろな病気を確認する事ができるようになりました。

しかしそうした技術がまだ発達していない先史時代には人類はどうしていたのでしょうか。

それは身体で文字通り”身をもって”感じる事のできる警告症状を大事にしていたのではないかと思います。

疲れを感じたら休む、不味い味を感じたらそれ以上食べない、痛みを感じたら動くのを止める、などなど

誰に教わらなくともその症状を感じたら自然と身体が適切な方向へ向かうようになる所に、警告症状の意義があると思います。

ところが、何らかの原因でその警告症状を無視してその行動を取り続ければ、

はたして、どういう事が起こるでしょうか。

続きを読む»

関連記事

サプリメントは対症療法に過ぎない

糖質制限にサプリメントを用いれば最強とする風潮がありますが、

私ははっきり言ってその風潮にあまり乗り気ではありません。

確かにサプリメントを追加する事で体調不良が改善する症例は私も経験します。

しかしその一方で、いくら糖質制限にサプリメントを加えても改善しないという症例も確かに経験します。

その改善しない理由をサプリメント派の医師はサプリメントの組み合わせがよくないからとか、サプリメントの量が足りないからなどと考えますが、

本当にそうでしょうか。ここにおいても原因と結果をはき違えてしまってはいないでしょうか

いくらサプリメントの工夫をしたとしても、

もし栄養素の欠乏が原因ではなく、なにか他に原因があって起こっている結果だとすれば、

サプリメントの補充は対症療法でしかなく、根本原因は依然として放置されているという事になります。

続きを読む»

関連記事

糖質制限はがん治療のスタートライン

正直言って私は、現在のいわゆる標準的ながん治療は間違いだらけだと思っています。

手術、抗がん剤、放射線治療・・・

いずれも根本的ながんの原因を考えることなく、

ただ目の前にあるがんという塊をやっつけることだけに専念しているのです。

がんをどうにかしたいと思うなら、まず考えるべきことは食事の問題です。

なぜならば、がんの主たるエネルギー源はブドウ糖であるからです。

続きを読む»

関連記事

想いを託して本をあげる

このブログを書き始めてからでしょうか。

私はいつの間にか本をたくさん買う人になっていました。

こどもの頃はそうたくさん本を読む人ではありませんでした。読むとしてもマンガばかりでした。

それなのにいつしか私は本屋大好き人間となり、大きな本屋へ行こうものなら2,3冊買うのは当たり前、

多い時には一度に15,16冊買ってしまうことも珍しくありません。

それをすべて読んでいるのなら凄い奴なのですが、そんな買い方をしていれば当然すべて読めるわけもなく、

実際に読んでいるのはそのうち1割にも満たない量なのではないかと思います。

続きを読む»

関連記事

食べなくても便は出る

糖尿病がある方で、糖質制限を指導しても、漢方を駆使しても、

眠れない、身体がだるい、足がしびれる、などといった症状を言い続ける70代の患者さんがいました。

糖質制限指導もHbA1c 6.5%程度とある程度の所まではうまく行くのですが、

完全にはよくなり切らないという事で、実は常食していた果物の摂取を控えるよう追加指導したり、

自律神経を整える漢方を2,3種類くらいとっかえひっかえ使用してみたりもしましたが、一向に症状が改善しません。

そうこうしていたらその患者さん、お腹が痛いという訴えで別の内科を受診され、

高度の便秘になっているという事が判明し、大腸癌などがないか検査入院されるという話になっていました。

続きを読む»

関連記事

腸管の異常は神経の異常へ通ず

当ブログではこれまでに何度かパーキンソン病について取り上げてきました。

一般的にはパーキンソン病はドーパミン神経の変性により運動症状、非運動症状、自律神経症状などの様々な症状が緩徐に進行していく病気だと認識されていますが、

様々なパーキンソン病患者さんと出会い、診療に携わっていくにつれ、

パーキンソンン病の本質はストレスマネジメント不足にあるのではないかという側面が私には見えてきました。

ストレスマネジメントがうまくできないが故にドーパミンを無駄打ちし、自律神経が乱れてきてしまい、

やがてはドーパミン自身の酸化ストレスによって神経変性が起こり、α-シヌクレインと呼ばれる異常タンパク質が脳や心臓、腸管など自律神経の関わる様々な部位へ蓄積していってしまうのだと思います。

そのようなパーキンソン病の病態仮説の中で、最初に障害されるのは腸管を含めた自律神経系だという事がわかっています。

続きを読む»

関連記事

めでたいこともストレスになりうる

抗不安薬などの依存性のある向精神薬を、

医師から気軽に処方され続けて依存症に陥ってしまっている患者さんは結構おられます。

きっかけは誰にでも起こり得る人生の中でのショックな出来事や人間関係などのトラブルであったりするのに、

その解決を薬に頼ってしまったがために薬から離れられなくなり人生が変わってしまう人は決して少なくありません。

薬はあくまでも緊急避難的で一時的な方法だという事を肝に銘じ、

漫然に使用し続けるという事を医師も患者も厳に慎まなければならないと私は思っています。

そしてこうしたきっかけになる事は、何も悲しい出来事ばかりではありません。

続きを読む»

関連記事

同じ体験を分かち合う

先日、従姉妹の結婚式に出席してきました。

社会人になってからは親類が一同に会する機会がめっきり減ってしまったように思いますが、

そんな中で久しぶりに親戚同士で語り合う貴重な機会であったように思います。

特に幼い頃から長い時間を一緒に過ごした私の兄とは最も話が弾みました。

いくら血縁があるといっても、兄弟も親戚も、自己とは違うという意味ではあくまでも「他者」のはずですが、

親類以外の「他者」と比べて明らかに居心地が違うのは、ひとつは共通する体験の量に由来するのではないかと思います。

続きを読む»

関連記事

ストレスを抱えて断食してはいけない

今日は断食でうまくいく場合とそうでない場合との違いについて考えてみます。

以前私が断食道場に参加した際に、指導者の方から注意事項として低血糖についての話がありました。

断食中に気分不良や冷や汗、吐き気が出たら低血糖の症状の可能性があるので、

そうした事を感じる場合は特製の生姜湯を飲み、よくならなければ相談するように、とのことでした。

断食中に低血糖症状がでるのは身体の代謝システムを糖代謝からケトン代謝へと急激に切り替える事によって、

ケトン代謝のいきなりの利用に身体が適応できない時に起こる現象と私は考えています。

だから高糖質食からいきなり断食に持っていくのは、ある意味最もやってはいけない行為だと思います。

続きを読む»

関連記事

一般書と専門書の読み分け

私は考え事をする際によくネットサーフィンを利用します。

ネット上に存在する情報はインターネット黎明期に比べてば大分信頼度が高くなりました。

やはり知恵が知恵を呼び、良いものが洗練され悪いものが排除されていく自然淘汰のプロセスがここでも行われているという事なのでしょう。

しかし私の場合、考え事の答えがネット上に乗っているという事はあまりありません。

けれど考えの種になる情報は無数に存在します。それらをつなぎ合わせて新たな解釈を生みだそうという試みをよく行っています。

ただインターネットの情報は断片的でどうしてもまとまりがなかったりします。それらを全部自分の頭の中で整理し結合させていくのは結構疲れる作業だったりします。

そこで、ある程度まとまった情報を整理して理解したいと思う時には本に頼る事が多いです。

続きを読む»

関連記事

具体的な誰かのため

例えば断食をしていると、

自分の欲望と真正面から向き合う事となります。

今回は3日間断食しようとあれだけ強く決意していたというのに、

24~48時間後に襲ってくる強烈な空腹感を前にして、自分の弱さがありありと出現してきます。

「万が一、普段の仕事に支障が出てはいけないから」とか「また何度だってやり直しできるんだから」などと都合の良い理由を見つけては断食を解除する日々、

私はこれまでに何度も本格的な断食の実践に失敗してきているのです。

続きを読む»

関連記事

自分で会得するしかない

前回に引き続き相田みつを美術館への二度目の訪問で学んだことを記事にします。

今回のテーマは「あなたのこころが」ということで作品が展覧されていたそうです。

「しあわせはいつもじぶんのこころが決める」という詩に代表されるように、

自分の心の在り方を見つめ直す機会を与えてくれる作品が多かったように思います。

これはアドラー心理学の「自己受容」から始めるスタンスや、先日フランス人から学んだ「知的エゴイズム」の中の個人主義にも通じるところがあります。

そしてもう一つ、裏のテーマとしてタイピングされた詩の文章をとそれをみつを先生が書にしたものが交互に展示されていて、

詩と書の違いについて解説されている箇所がありました。

続きを読む»

関連記事

貴重な縁を大事にする

先日、東京の相田みつを美術館へ二度目の訪問をしました。

こちらの美術館は3ヶ月に1回、展示作品の総入れ替えを行なっているらしく、

二度目の訪問でも、前回の訪問時とはまた違った作品の種類と構成から成っていて、

また新たな気づきを与えてもらう事ができます。

今回は運のいい事に私の訪問中に、相田みつを先生の長男で美術館館長の相田一人(かずひと)さんの気まぐれトークショーというものが開催されていましたので聴講させてもらいました。

館長は誤解されがちなみつを先生の字体がめんどうくさくて適当に書いたものではなく、

10代から20代の書家の基本を心得た上で、30代から自分の言葉を自分のやり方で伝える書を追求した結果、あの味わい深い字体にたどり着いたという事を教えて下さいました。

続きを読む»

関連記事

他者に左右されずに考え続ける

これまで様々なブログ記事を公開してきましたが、

ありがたい事にどの記事にも読者の皆様からの拍手を頂いております。

拍手を頂くと嬉しいものですが、

拍手がもらえるような記事を書こうとしてしまえば、自分を見失うことになりかねないので、

拍手が多かろうと少なかろうと、冷静に受け止め自分の感じた事を書き続けようと心がけています。

そんな中、これは良い考察ができたのではないかと思って記事を世に送り出すことがたまにあるのですが、

そういう時に限って、意外と拍手の量が少なかったりするのです。

続きを読む»

関連記事

同じような共通原理に行き着く

フランスには健康にまつわる秘訣がありそうなので、

最近関連本に興味を惹かれ、順次読んでいくようにしていますが、

フランス人の健康観について書かれた本は結構いろいろあるみたいです。

今回は下記の本を紹介してみたいと思います。



フランス人はバカンスを我慢しない 仕事も人間関係もうまくいく、知的エゴイズムのすすめ
生島あゆみ(著)

続きを読む»

関連記事

情報の解釈は自分次第

私は今地方の病院で勤務していますが、

情報化社会となったおかげで、地方にいても自分次第でいくらでも情報を入手する事ができます。

ただ情報が得られたからといって、必ずしも皆が得をするわけではありません。

情報の扱い方を誤ると逆に道に迷うということもあるのです。

先日外来業務をしておりましたら、

立て続けに2名ほど、こちらが尋ねたわけではないのに、糖質制限をされているという中年の男性と出会いました。

続きを読む»

関連記事

複雑なネットワークにどう立ち向かうか

時々読んでいる日本医事新報で「脳-心-腎連関」が特集されていました。

「脳腸相関」というのは当ブログでも過去に取り上げましたが、脳と心臓と腎臓も互いに密接に連携しているというのです。

例えば、何らかの原因で心臓に負担がかかると交感神経が活性化し、心拍数が増加します。その指令を下しているのは脳とされています。

また腎機能が低下すれば、血液中にアンギオテンシンⅡという昇圧物質が増加し、脳に直接作用することで交感神経系を刺激して高血圧の悪循環となります。

これ以外にも様々なネットワークが脳と心臓と腎臓との間でつながっているのを総称して「脳-心-腎連関」といいます。



日本医事新報 2017年 2/18 号 [雑誌] 雑誌 – 2017/2/20

続きを読む»

関連記事

医師には無益でも、患者には有益

先日、病院の当直業務をしていた時に、

深夜1時くらいに胸が痛いと行って救急受診された60代女性の患者さんがいました。

その方はめまいや痛みなど、いわゆる不定愁訴と呼ばれる様々な症状でしばしば救急受診を繰り返しておられる常連さんでした。

私もようやく寝入ったばかりの状況で起こされたので、正直「うーむ、なんでこんな時間に・・・」と思ってしまいましたが、

いつもの鎮痛剤の注射をしてほしいという希望があり、電子カルテを開いて以前の注射内容を確認していたら、

実は半年くらい前に私は一度この患者さんを診察していたという事に気づきました。

続きを読む»

関連記事

相手の気持ちを汲まない話し方

以前、パーソナルスペースの重要性という話をしました。

相手の状況がどうであっても割り込んで連絡する手段となりうる電話は、パーソナルスペースの侵害につながりうるけれど、

緊急性の高い要件を伝えるためであれば非常に有用性が高いツールとなると私は考えています。

先日私がまだ仕事をしている時間帯に、携帯電話会社から一本の電話がかかってきました。

携帯電話のプラン変更で数分程の手続きで今よりも電話料金が安くなるという趣旨の内容でした。

数分程度という事なので、またかけ直して連絡して手続きをするというのも面倒なので、

勤務中ではありましたが、比較的時間の空いている時だったので、このまま手続きを終えてしまいたい誘惑にかられ話を聞くことにしました。

続きを読む»

関連記事
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
漢方好きの神経内科医です。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR