サイアミディン

糖質制限希望の患者さんの受け皿を作る

先日の鹿児島糖質制限講演会に参加して下さった方が、

糖質制限での診療を希望されて私の外来に受診されるという出来事がございました。

かなり遠いところからわざわざ来られていたので誠に恐縮でしたが、

折角御希望頂いているので精一杯診させて頂くことに致しました。

ただこの患者さん、もともとかかっている病院へは何も告げずに薬が無くなるタイミングで私の所を受診され、

それまで打っていたインスリンも自己判断で止められたとのことでした。

続きを読む»

関連記事

医療関係者には糖質制限を勧めにくい

人間はそれほど合理的な生き物ではないと以前も書きました。

医師であれば誰でも、たとえどんな人物が患者として訪れようと平等に公平に診療に当たる事が、世間に求められている医師像ではないかと思います。

そうしたいのはやまやまなのですが、私の場合、相手によって診療内容を変えざるを得ない場面がどうしてもあるのです。

その一つの例は、相手が医療関係者、もしくは患者さんの近しい家族に医療関係者がいる場合があります。

一般論としても患者が医療関係者の時の診察は、まるで自分の行いが試験されるかのように感じられ緊張してしまうのですが、

私の場合は自分が糖質制限推進派医師ということが大きく関わってきます。

続きを読む»

関連記事

主体性は上達の元

先日とある訪問診療系の症例検討会に参加してきました。

一人の症例に対して医師、看護師、理学療法士、医療ソーシャルワーカーといった多職種が

その患者にどのように関わり、どのような経過をたどったかということをそれぞれがパワーポイントを用いて発表されていました。

それぞれがその患者さんの情報を事細かに述べて、経過もかなり詳しく述べられており、その内容もすべて配布資料として配られるという親切さだったのですが、

残念ながら、私が把握できたのは症例の大まかな流れだけでした。

なぜならば与えられる情報のほとんどが文字情報であったからです。

続きを読む»

関連記事

コレステロールにも人生を支配されない

以前、私は「血糖値に人生を支配されない」という記事を書きました。

従来のカロリー制限では、十分な血糖コントロールを図るのが困難であったため、

患者さんは何も考えていなければ言わば自分の健康を医療へゆだねるしかないという状況があったかと思います。あるいは今でもほとんどはそうかもしれません。

それが糖質制限の普及によって少なくとも血糖コントロールに関しては医療に頼らずに自分の意思でコントロールしやすい状況になりました。

ところが今度は医療に依存する代わりに、血糖値に依存するという状況が出てきてしまいました。

血糖値変動がその都度気になり、少々血糖値が変動しただけでも不安があおられてしまい、さらにその不安がストレスとなって血糖値を上昇させ、さらに不安が増幅してしまうという悪循環です。

ある意味それは、カロリー制限だけしか選択肢がなかった時代には存在しなかった不安であるように思います。

続きを読む»

関連記事

運動習慣に見合った筋力がつく

私の中での健康を維持するための二大原則は、

糖質制限+ストレスマネジメントですが、

そこに運動も入れてはどうかという御意見を時々頂くことがあります。

確かに運動は健康を維持するために考慮すべき大きな要素の一つだとは思います。

しかし私の中で運動は、糖質制限とストレスマネジメントに比べて何か違うという違和感があったため、いまいちその御意見を採用し切れずにいました。

最近熟考を重ね、その違和感の正体が少しわかってきたように思います。

続きを読む»

関連記事

幸せな結婚の為の厳しい恋愛

一般的な人付き合いの中で人に優しくすることは、さほど難しいことではないように思います。

言い換えれば、仕事上で付き合う人達とのコミュニケーションのハードルはそんなに高くないということです。

たとえ相手のことがそんなに好きではなくとも、会釈、愛想笑い、社交辞令と言った言葉があるように、

一緒に笑顔で語り合うようなことも、自分の心にゆとりさえあれば行うことができます。

しかし、恋人とか夫婦とか、パーソナルスペースが狭くても大丈夫な間柄にまでなった人とのコミュニケーションは、

そうした一般的なコミュニケーションよりも難しい行為であるように私は思います。

続きを読む»

関連記事

糖質制限で体調が悪くなる人の本質的な問題点

ブログ読者のCarmen さんから御質問を頂きました。Carmen さん、有難うございます。

(以下、引用)

【2018-04-20 Carmen

MEC食ドクターの福田先生はスーパー糖質制限や完全MEC食で調子が良くない患者を診て糖質摂取を促し症状が良好に向かうケースをブログで紹介しています。
http://seiichizb4.blog.fc2.com

ただ江部先生は福田先生の症例を紹介されてもエネルギー不足の論を崩されません。糖質摂取で症状が良くなることを認めてなくエネルギー論に終始しています。
がMEC食プラスバター大量摂取を考えてもエネルギーが足りてないとは到底思えなく疑問は残ります。

たがしゅう先生は患者が糖質摂取して良くなること、そして糖質制限での体調不良はエネルギー不足が原因とのことについてどう思われますか?

(引用、ここまで)

続きを読む»

関連記事

やせ体質人の75g果糖負荷試験

果糖負荷試験のデータが1名では心もとないとのことで、

いつも協力してもらっているやせ型体質の私の友人の御厚意に甘えて、

彼にも75g果糖負荷試験を受けて頂くことができました。

私の実験日の翌日に実施したので、果糖による2日後中性脂肪著増事件が発覚する前であったため、

残念ながら今回はあくまでも6時間までの結果という事に留まります。

どなたか果糖負荷試験を行う場合は、最低でも48時間までの中性脂肪の変化を追いかけることをおすすめします。

続きを読む»

関連記事

卵10個負荷試験

当ブログにもコメントをお寄せ頂いているドクターシミズこと、

北海道札幌市にある新川新道整形外科病院副院長の清水泰行先生は昨年「運動するときスポーツドリンクを飲んではいけない」という本を出版されています。

この本、私も読ませて頂きましたが、糖質制限理論と自身のランナー経験に基づき、著書のタイトルの結論を出すことになる深い考察が書かれた内容となっています。

書評を書こうと思いながら、その当時の時間の流れの中でタイミングを逸してしまっておりました。折をみてこの本の書評も書かせて頂こうと思いますが、

今回は、その清水先生が運営されている「ドクターシミズのひとりごと」というブログにおいて

清水先生が行っていた「卵10個負荷試験」を、私も追試してみましたというお話です。

続きを読む»

関連記事

たがしゅうの75g果糖負荷試験

崎谷先生の書籍「砂糖は糖尿病を治す」という書籍の中で、

果糖摂取のメリットが再三にわたって述べられていました。

「糖の完全燃焼」という独自の概念の現象を成し遂げるのに良いというのがメインの理由であるようです。

理論的には突っ込み所が満載ですが、小難しい事を書き連ねるよりも百聞は一見に如かずということで、

私たがしゅう、果糖負荷試験なるものを敢行してみました。

続きを読む»

関連記事

文献情報を思考の樹に組み込む

ブログ読者のEtsuko さんから、以下のコメントを頂きました。Etsuko さん、有難うございます。

(以下、引用)

【2018-04-18 Etsuko

崎谷先生の本はインパクトがあり、
前々から興味を持っていましたが、
「警戒心」から読んだことはありません。

乳酸を毒物扱いされていることで、
他の内容についても懐疑的になりました。

引用文献の数が多ければ良いというものではないです。
現代では間違いが認められた文献の情報も、
紛れ込んでいるのではないかと心配になります。

信頼性できる文献を選択する事にこそ、
価値があると思います。

(引用、ここまで)

続きを読む»

関連記事

ありのままで良いのだと

糖質制限は単なるダイエットではない」ということを、私は先日の鹿児島講演会で申し上げました。

私がその見解に達した最大の根拠は、私自身の体重減少が糖質制限開始後、同じように糖質制限を続けているにも関わらず一定の所で留まる現実を目の当たりにしたということが大きかったです。

他の体調不良に関することはすべて良くなったのに、なぜか体重だけ減らし切らない現状に疑問を抱き、私は数年間その理由を考え続けていました。

今の私の体重は糖質制限をしようが、糖質ゼロにしようが、間欠的ファスティングをしようが、チートデイを設けようが一定の体重以下に減ることは決してありません。

続きを読む»

関連記事

生化学も解釈次第で理論が変わる

以前からある意味で非常に興味をそそられていた本があります。

それは、崎谷博征(さきたに ひろゆき)先生が書かれた「糖尿病は"砂糖"で治す!」という本です。



糖尿病は砂糖で治す! (健康常識パラダイムシフトシリーズ3) 新書 – 2017/9/21
﨑谷博征 (著)


崎谷先生の肩書は総合医とか、脳神経外科専門医とか、ロイヤルホリスティックカウンセリング院長とか、いろいろありますが、

パレオダイエット(paleolithic diet:「旧石器時代の食事」の意)と呼ばれる農耕・牧畜が開始される前の時代をモチーフにした食事療法を推奨されている先生です。

具体的には魚介類、鳥類、小動物、昆虫、卵、野菜、キノコなどの菌類、根菜、ナッツ類を中心に食べ、

自然界から容易に入手できなかった穀物、豆類、乳製品、芋類、食塩、砂糖、加工油は原則避けるという食事療法になります。

続きを読む»

関連記事

やせ体質人の75gブドウ糖負荷試験

久しぶりに人体実験シリーズを部分的に再開します。

今回は以前私が行った75gブドウ糖負荷試験をやせ体質の方で追試した結果を紹介します。

協力してくれたのは、以前もササミ負荷試験の追試でも協力してくれたやせ体質の私の友人です。

私は肥満体質なので比較できるので大変有用なデータが得られるので大変有難いと思います。

やせ体質の人への普通のブドウ糖負荷試験の結果なら然るべき所に行けばたくさんあるのでしょうけれど、

6時間まで長めに観察した試験、またインスリンだけではなくグルカゴンも観察したブドウ糖負荷試験結果はなかなかないのではないかと思います。

続きを読む»

関連記事

歪んだ解釈による誤った結論

2018年4月5日付週刊新潮の糖質制限批判記事のラストを飾るのは、

前々回に引き続き、書籍『本当は怖い「糖質制限」』(祥伝社新書)の著者、愛し野内科クリニックの岡本卓先生です。

今回の批判記事内容は、実は上記著書の中にも同様のことが書かれているのですが、

「低血糖ががんを発生させる、だから糖質制限はがんになる」という内容の糖質制限批判です。

しかし岡本先生の根本的な誤解は糖質制限が低血糖を起こすと思っていることです。外部から糖が入らない時間は糖新生モードへ代謝が切り替わるので低血糖にはなりません。

そうではなくて、いわゆる血糖値が安定している状態のことを糖質摂取状態に比した「低血糖」状態だと捉えて主張を展開しているのだとしても大きな誤解をされています。

それは岡本先生が提示されている論文を実際に読めばわかると思います。

続きを読む»

関連記事

真のエビデンスはデータではなく患者の改善

4月5日付週刊新潮の糖質制限批判記事の検証終了まであと一息です。

次に取り上げるのは、数ある糖質制限批判の中で私は最も悪名高いと私が考える能登論文に関しての記事です。

なぜ悪名高いと思うかと言いますと、科学的にアンフェア極まりないやり方で糖質制限を批判しているからです。

どういう点でアンフェアかと言いますと、長期安全性のエビデンスはまだ出ていないはずの糖質制限食について、

統計学的な処理を駆使してあたかも糖質制限は危険だと結論づけられたかのような情報を世の中に発表しているからです。

その点に関しては江部先生も詳しく解説されていますが、筆頭著者の能登洋先生自身も補足説明のように「まだ確たる結論を出すことはできない」と述べている程信頼性不透明な論文なのに、

実際には、今回の週刊新潮の記事のように、この論文が糖質制限批判に度々利用されているような状況です。

まさに情報が一人歩きして、何も知らない人や何も考えない人はその情報の流れに容易に飲み込まれてしまっていると思います。

続きを読む»

関連記事

特殊集団で全てを語るのは無理がある

週刊新潮の糖質制限批判記事に登場した人物の中に、

以前当ブログでも取り上げた書籍『本当は怖い「糖質制限」』(祥伝社新書)の著者、愛し野内科クリニックの岡本卓先生もおられました。

批判記事の中で取り上げられていたのは、2017年に医学名門雑誌のLancetに掲載された南アメリカ大陸のボリビアという国に所属する、チメイン族というアマゾン奥地に住む部族の論文についての話です。

Kaplan H, et al. Coronary atherosclerosis in indigenous South American Tsimane: a cross-sectional cohort study. Lancet. 2017 Apr 29;389(10080):1730-1739. doi: 10.1016/S0140-6736(17)30752-3. Epub 2017 Mar 17.

実は、私は知りませんでしたが、このチメイン族、世界で最も健康な心臓を持つ部族として知られており、

その秘密を探るべく、アメリカの研究者達が度々訪れて研究対象とされているようなのです。

Lancetの論文によれば、そのチメイン族の食生活は炭水化物72%、脂質14%、蛋白質14%という割合となっています。

だから糖質制限は心臓によくないとするのが岡本先生の主張です。

続きを読む»

関連記事

検証しようとする努力が感じられない

2018年4月5日付の週刊新潮の糖質制限批判記事の検証に戻ります。

そうこうしている間に4月12日付の週刊新潮でも糖質制限批判記事の続編が掲載されたので内容を確認しました。

4月12日の批判内容はよりひどい感じでしたので、良識ある人が読めばきっとその妥当性は私が検証するまでもなくわかるだろうと思います。

その辺りもいずれ時間があれば触れようと思いますが、引き続きマイペースで順番に気になる所を検証し続けていきたいと思います。

今回取り上げるのは、糖質制限ダイエットの指導で動脈硬化が悪化し、脳梗塞を発症したと主張する、

真島消化器クリニックの真島康雄先生です。

続きを読む»

関連記事

共感が笑いを生み出す

先日糖質制限講演会の講師をして一つ思ったのは、

講演で笑いを取るというのはとても大事だけど、とても難しいということです。

私は大きな講演会での初講師ということもあって、緊張で笑いを取る余裕が全くありませんでした。

対して第二部の江部先生の講演では、ところどころに笑いが生まれ、終始なごやかなムードで講演が繰り広げられました。

次回以降は単に自分の想いを伝えるというだけでなく、聞いてくれる人に心地よく聞いてもらえるよう工夫しようと考えた次第です。

そんな中、先日当直をしている時にたまたま見ていたNHK Eテレの番組で「芸人先生」というのがありました。

お笑い芸人の方がビジネスマンに対してお笑いの技術を応用してビジネスに役立つコツを講義するという内容の番組です。

続きを読む»

関連記事

本質を忘れないで

ブログ読者のだいきちさん、ねけさんから、

異なる二つの記事に対してそれぞれコメントを頂きました。お二人とも有難うございます。

それらのコメントが偶然なのか必然なのか、一つの本質的なことを指摘している事にふと気付いたので、

本日はその私の気付きを記事にさせて頂こうと思います。

続きを読む»

関連記事

人を輝かせる指導法

何気なくネットニュースを見ていたら、次の記事が私の目に止まりました。

ORICON NEWS 2018-04-04
“女子アナ育成請負人”としてのタモリ、愛され女子アナを育てる「頑張らない」働き方とは?


タモリさんと言えばお笑い界の大御所、ビッグ3の中でひと際落ち着きを払った存在で、

それでいて安定した笑いを取ることができる技術を持っていて、幅広い世代に支持されているタレントさんではないかと思います。

当ブログでも、「友達はいらない」という名言や、食べることには体力を必要だという点に注目する価値観などタモリさんの言動について以前から興味を持って取り上げてまいりました。

本日紹介するこの記事からもタモリさんの凄さを知ることができます。

続きを読む»

関連記事

2018年4月8日日本糖質制限医療推進協会鹿児島講演会の御報告

去る2018年4月8日(日)に日本糖質制限医療推進協会主催の講演会が開催されました。

江部先生が鹿児島に来られる貴重な機会という事で、様々な方々に告知を御協力頂いたおかげで総勢89名とたくさんの方に集まって頂くことができました。

私が第一部の講師として、江部先生が第二部の講師としてそれぞれ糖質制限に関する講演を行い、

最後に質疑応答の時間が30分程度設けられるという構成で執り行われました。

私にとっては大きな講演会の講師としてデビュー戦で大変緊張いたしましたが、

緊張しながらも、精一杯自分の糖質制限に対する思いをお伝えすることができたのではないかと思っています。

続きを読む»

関連記事

お釈迦様の生き方から学ぶ

週刊新潮の糖質制限批判記事の検証は一旦お休みとして、

本日4月8日はお釈迦様の誕生日だそうです。

お釈迦様と言えば、言わずとしれた仏教の開祖ですが、

NHKEテレの「100分de名著」歎異抄正法眼蔵など仏教にまつわる様々な思想の在り方を学ぶにつれ、

物事の本質を考えるのに非常に参考になる考えとして私は少しずつ興味を持つようになってきています。

今月の100分de名著のテーマも「法華経」ということで注目している所ですが、

本日はお釈迦様誕生日記念ということで、お釈迦様について勉強してみたいと思います。

続きを読む»

関連記事

ストレスに感じるくらいなら糖質制限を緩めるべき

前回に引き続いて、日比野佐和子先生のダイエット本を読み進めていきたいと思います。

今回取り上げるのは、日比野先生がよく述べられている「糖質制限で一過性脳虚血発作となった」というくだりの話ですが、

正直言って、私は糖質制限推進派の神経内科医として、それが本当に一過性脳虚血発作だったのか、かなり懐疑的に思っています。

今回もあくまでも日比野先生が書かれた内容からの私の推測になりますので、信憑性の判断は各読者の方々にお任せしたいと思います。

39種類のダイエットに失敗した46歳のデブな女医はなぜ1年間で15kg痩せられたのか? 単行本(ソフトカバー) – 2017/5/25
日比野 佐和子 (著)

続きを読む»

関連記事

無意識の間欠的糖質刺激の落とし穴

先日取り上げた週刊新潮での糖質制限批判記事での日比野佐和子先生のコメントについて、

もう少し詳しい内容が知りたいと思っていたところ、日比野先生が自身のダイエット遍歴について語っている本を出版されていましたので、

早速購入して詳細を確かめてみることにしました。

39種類のダイエットに失敗した46歳のデブな女医はなぜ1年間で15kg痩せられたのか? 単行本(ソフトカバー) – 2017/5/25
日比野 佐和子 (著)


続きを読む»

関連記事

なぜ悪化したのかを考える

週刊新潮の糖質制限批判記事はまだまだ続きます。

続いてはアンチエイジングで有名なY'sサイエンスクリニック広尾の統括院長、日比野佐和子先生が述べられたについて内容です。

日比野先生と言えば、実年齢47歳とは思えない美貌の持ち主で、テレビにも多数出演もなさっておりアンチエイジングドクターとして説得力のある容姿をされています。

そんな日比野先生ですが、30代の頃に糖質制限をした結果、一過性脳虚血発作を起こしたとの経験をお持ちで、

どうやらその実体験を元に糖質制限を否定しておられるようです。

同様の記事を別のネットニュースでも読んだこともありますが、

今回は週刊新潮の記事を引用して検証してみたいと思います。

続きを読む»

関連記事

ケトアシドーシスが起こる理由熟考

昨日に引き続き、週刊新潮の糖質制限批判記事を検証していきたいと思います。

週刊新潮 2018年 4/5 号 [雑誌] 雑誌 – 2018/3/29

(以下、p128-129より引用)

糖質制限が痩身に繋がるメカニズムは、簡潔に言えば次の通りである。

糖質摂取をカットすると、脳は筋肉の活動を維持するため、体内でケトン体という代謝物が生成される。

ケトン体は脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解される形で生成されるため、体重減少に繋がるわけだ。

このメカニズムそのものに、老化が促進される要因があるのでは、と指摘するのは、愛知みずほ大学学長の佐藤祐造氏である。

ケトン体の量が多くなると血液が酸性に傾き、ひどくなると高ケトン血症になり、骨や筋肉など体全体の細胞を弱め、さびつかせることになります。

これが老化を引き起こす一因になっているのではないか、と考えます。高ケトン血症になると、最悪なくなってしまうこともあるのです。」

(引用、ここまで)


続きを読む»

関連記事

不自然な食餌、不自然な解釈

2018年4月5日付の週刊新潮に糖質制限の批判記事が掲載されていました。

糖質制限推進派医師の私としましては、こうした記事には極力真摯に向き合いたいと思っておりますので、

今回も購入して内容を読んでみました。

すでに江部先生のブログでも反論が展開されていますが、私は私の目線で検証してみたいと思います。

この批判記事のトップを飾るのは、東北大学大学院農学研究科の都築毅准教授らのチームが行った、

マウスに糖質制限食を与えたら、通常食群と比べて寿命が短かったという研究報告です。

続きを読む»

関連記事

根本原因への対処を他人はしてくれない

診療をしているとたまに、3か月に1回くらいの頻度で通院している患者さんを診る機会があります。

そういう患者さんは、高血圧症とか脂質異常症とか高尿酸血症とか、いわゆる生活習慣病の薬をもらうことが受診の目的で、

余計なことはいいからとにかく薬を出してもらえればそれでいいという雰囲気を醸し出しておられる方が多いです。

一方でそういう患者さんに限って過体重であったり、肩こりが慢性化していたり、

是正すべき生活習慣があるので、根本的に治療するためには生活指導が欠かせないという場合も結構あります。

ただそういう患者さんに対して、私が生活習慣の是正のため糖質制限指導をするかというと、

以前はしていた時期もありますが、今は何も言わずに患者さんが望むがままに薬を処方しています。

続きを読む»

関連記事

自分らしく生きるための一貫性

小説「最後の医者は桜を見上げて君を想う」を読んだ友人と感想を語り合っている時、

その友人から次のような意見を聞きました。

「でもがんは発見が早期だと治るからそこが難しいですよね。もしも自分が手遅れの状況だったら自分も積極的な治療は止めようと思いました。」

つまり、友人は病気の発見が早期であれば現代医療のレールに乗るけれど、発見が早期でなければ乗らないのだというのです。
言い換えれば早期なら病気と闘う、末期なら病気と闘わない、ということになるでしょうか。

それはある意味、この小説を読んだ大多数の人が行き着く着地点であるのかもしれません。

私はそのスタンスでは一貫性がないように思います。

続きを読む»

関連記事
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
本名:田頭秀悟(たがしら しゅうご)
漢方好きの神経内科医です。
南鹿児島さくら病院にいます。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

南鹿児島さくら病院では職員を随時募集中です。
詳しくはホームページhttp://www.nissyoukai.or.jp/
を御覧になって下さい。
見学申し込みもお気軽にどうぞ。

※当ブログ内で紹介する症例は事実を元にしたフィクションです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR