FC2ブログ
サイアミディン

ケトン体に依存性はあるか

とある方から「糖質に依存性があるのであれば、ケトン体にも依存性があるのではないか」との御質問がありました。

本日はこの質問に答えることで記事にしたいと思います。

結論から言いますと、「ケトン体自体に依存性があるとは考えにくい」です。

勿論断定するのは難しいと思いますが、論理的に考えると上記の結論に到達します。

まずは依存性を形成するには脳の中ではドーパミン神経系というのが重要な役割を果たします。

中でもドーパミン神経が集中する側坐核などの報酬回路を形成している脳領域が深く関係してきます。

続きを読む»

関連記事
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
本名:田頭秀悟(たがしら しゅうご)
漢方好きの神経内科医です。
南鹿児島さくら病院にいます。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。
ツイッター:https://mobile.twitter.com/tagashuu600

※当ブログ内で紹介する症例は事実を元にしたフィクションです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR