サイアミディン

真面目と模倣

たまにカラオケに行く機会があるのですが、

一緒に参加した人から「カラオケうまいですね」と言って頂けることがあります。

自慢するわけではありませんが、私は普段から歌の練習をしているわけではありません。

勿論、ひとりカラオケに行く習慣があるわけでもありません。

久しぶりに歌っても、少なくとも一般人には「うまい」と思ってもらえるくらいの歌声が披露できるということなのです。

今日はこの理由を自己分析することを通じて、

物事を上達させるための秘訣について考察してみたいと思います。
本当に歌がうまいかどうかに関しては、「井の中の蛙」状態という可能性もございますので、

あくまでも、「仮に本当に歌がうまいと仮定して」の話だと思って、どうか温かい心でお読み頂ければ嬉しいです。


まず私は小さい頃から真面目な人間でしたので、

音楽の授業は常に真面目に取り組んでいました。

周りの子が真面目でなかったかどうかは何とも言えませんが、

こどもの頃、特に思春期に突入した頃には男子は音楽の授業での合唱を恥ずかしがる傾向がありました。

歌うのは教科書的な唱歌とかで、例えば「ふるさと」とか「翼を下さい」とかいった類の歌なので、思春期の男子にとってはダサいと感じられる人が多かったかもしれません。

それに同じクラスのお目当ての女子が近くで聞いているかと思えば、そんな歌を大声で合唱することがますます恥ずかしく感じられます。

しかし私はそんなことには目もくれず、先生の言う通りに大声で合唱に参加し続ける子でした。

ダサい歌よりもかっこいい歌を歌いたい男子は中学生くらいから部活とかバンド活動とか授業とは別の場所で音楽を追求し始める子が出始めて、

中にはこの頃からいわゆるチャラくなってくる人もいるわけですが、

私は音楽系の部活に入らず、勿論バンド活動なども一度も参加せず、

ただただ学校の音楽の授業での唱歌を真面目に歌い続けました。

この愚直に歌うことの基礎を繰り返し続けたことが、

曲がりなりにも他人が聞いてうまいと思ってもらえる歌を歌えるようになった大きな要因のひとつではないかと思います。


もうひとつの転機は私が大学2年生の頃に訪れました。

当時は過去に何度かあったモノマネブームの真っ最中で、

タモリさんのモノマネで有名な「コージー冨田」さん、明石家さんまさんのモノマネで有名な「原口あきまさ」さんなどが大活躍している時期でした。

他人の真似をすることがどうしてこんなに面白いのか、笑いのメカニズムはわからない事が多いですが、

とにかくいろいろなモノマネ芸人の芸に私は大笑いして、ハマると凝り性な私は次第に自分でも様々なモノマネへ挑戦するようになっていきました。

独自の練習を繰り返し、親しい友人や先輩に披露して洗練させていき、

ある程度人前で見せられるレベルになったので、思い切って大学4年生の時の学園祭のステージで披露したところこれが大ウケでした。

それからしばらく、「たがしゅうと言えばモノマネ」と言われるくらいにイメージが定着し、この事はその先様々な新天地で自己アピールする時などに大いに役立ちました。

そして気をよくした私は歌マネにも手を出すようになりました。

特に好きなサザンとか平井堅とかポルノグラフィティと言ったアーティストの歌を、

風呂場とか車の中とか一人の空間で何度も繰り返しモノマネしている時期がありました。

歌がうまい人の歌をモノマネしていると、たとえ歌のレッスンや声楽の基本的なことを知らずとも、一般人にならうまいと思ってもらえるレベルに持っていきやすくなるように思います。

例えば、演歌であれば五木ひろしさん風に歌うだけでグッと演歌がうまくなるという指導法を聞いたことがあります。

そうやって歌マネに凝って取り組んだことが、私の歌のレベルをまあまあにしたもうひとつの要因なのではないかと思います。


以上の話から物事を上達させるためのエッセンスを抽出するとすれば、

基本を真面目に繰り返すこと」、そして「上達済のレベルを模倣し続けること」、ということになると思います。

これは守破離の「守」の部分を表しているようにも思え、万事に通用しそうな気もいたします。

糖質制限でもまずは一般的に言われている基本を真面目に学び、上手に取り組んでいる人達のやり方をマネする事が大切なのではないでしょうか。

ただここで終わってしまえば、いつまで経っても「まあまあのレベル」止まりです。

そこから上を目指すなら真面目と模倣でつかんだ基本スタイルを自分の頭で考えて崩していく必要があります。

それは別の上達者のやり方を取り入れることかもしれないし、試行錯誤で道なき道を突き進んでいくことかもしれない。

いずれにしても真面目と模倣で進めるのはある程度のレベルより先に進むことはできません。

しかし逆に言えば、ある程度のレベルにまで到達しようとするのに、

真面目と模倣は何事にも重要な共通構造なのではないかと私は思います。


たがしゅう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
漢方好きの神経内科医です。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR