サイアミディン

相手への思いやり不足に注意

私は基本的に囲い込みがされていないアクセスフリーな場を好みます。

建設的な議論を行う上でも、そういう場はとても大切であると思っています。

だからブログのコメントに対しても、礼を失したものでない限り、できるだけすべてのコメントに対して返答するのが私のスタンスです。

しかしながら私も一人の弱い人間で、聖人君子では到底ありませんので、

何度も何度も同じような質問をして、素人であることを理由に自分で考えようとする意図が全く感じられないコメントを寄せる人に対しては、

正直言って嫌気がさしますし、そんな人には公平ではいられなくなる自分がいます。

その事は以前にも触れたことがありますが、皆が皆、そのコメントを注意して読んでいるとは限りませんので、

こういう事はきっと今後も繰り返されてしまうのでしょうし、ある種ブロガーの宿命的な所もあるのかもしれません。

でも私はそのスタンスを守ろうとするがあまり、自己犠牲となってしまう人生とは手を切ろうと思います。


最近、多く感じるのです。相手への思いやりが足りていない人達のことを。

自分のことで精いっぱいになるが余り、何度も質問をくり返して相手を気遣うことが口だけや形だけになっている人もいます。

口ではへりくだっていても、あなたのやっている事は私の時間をいたずらに奪う行為です。

相手の事情も構わず、自分のやってほしいことを何度も求めて来る人もいます。

あなたがやってほしいことは、私がやってほしいことと一致しているとは限りません。

本当はそんなことを思っていないのに、同じセリフを繰り返して何一つ変わろうとしない人もいます。

何も変わるつもりがないのなら、私はあなたに関わりたくはありません。

そんな人達に付き合って、丁寧にコメントを返すことは私はもう止めにします。

たとえ嫌われようとも、嫌なものは嫌だと正直に言っていこうと思います。


そうしなければ私は私でなくなってしまいます。

ブログを運営しているせいで、私のしたくないことをしなければならなくなる状況だけは避けなければなりません。

もしもそれが避けられない状況が続くようになれば、私はブログをやめるしかなくなってしまいます。

ごく少数の私が嫌がるコメントをする方のために、大多数の温かく見守って下さる方々の交流の場をなくすのは忍びないので、

できるだけそうならないように努力はしたいと思いますが、この努力している時点ですでに自己犠牲が生まれています。

ブログ読者の方々におかれましては、

私だけに限らず、「ギブ&ギブ」の精神で無償で情報提供している人達に対して、

ほんの少しでもいいから相手への思いやりを、自分の独りよがりになっていないかの見直しを、

自分の胸に手を当てて考えてみて頂ければ幸いに存じます。


たがしゅう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

たがしゅう先生、いつもためになる&面白いブログをありがとうございます。私はたがしゅう先生と江部先生のブログを見る事を日課にしています。
この質問前にも見た事あるなぁ、調べればいいのに。
と思う事がよくあります。私も先生方に質問させてもらう事がありますが、基本的に先生方の過去記事&質問、返答を見ても分からない時に質問させて頂いています。ブログ読者の皆様も基本的なルールを守って、たがしゅう先生が気持ち良くブログを続けられるようにして欲しいと思います。たがしゅう先生は無償で私達の質問に答えて下さっている事も忘れないで欲しいと思います。

Re: タイトルなし

あっぴ さん

 コメント頂き有難うございます。
 また私の気持ちを的確にくみ取って頂き有難く思います。

 かく言う私も、気付かない所で誰かを傷つけてしまっている所はきっとあると思います。
 しかしそうする事による報いは必ず自分自身が受ける事になるはずです。相手を傷つけている事に気付かない代償は甘んじて受けるべきものなのでしょう。それが嫌なら相手を少しでも思いやるべきだということなのではないかと思います。

度々すみません

たがしゅう先生おはようございます。度々すみません、あっぴです。提案なんですけどたがしゅう先生がこうして欲しいという、ブログの質問に対するルールを決めてもらえれば皆様が分かり易いかと思いました。他のブロガーさんでも、質問する前に過去記事を検索して下さいとか誹謗中傷は削除しますとか挨拶して下さいとか、リンク貼ってもらっても読みませんとか自分のルールを示して下さっている方もいます。ご検討頂けると有難いです。

Re: 度々すみません

あっぴ さん

 御提案頂き有難うございます。

 「読者の方向けの注意事項」というカテゴリーで実はそうした注意点を書いています。
 http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-category-23.html

 しかし全員が全員それを読んでコメントを下さるとは限らないし、
 そのような制限を出せば出すほど、私が好むアクセスフリーの場からはほど遠くなってしまうジレンマがあります。
 だから私はこうした注意事項をあえて前面には出していません。

 やはりブログも大勢の人が集まって形成される場である以上、個々のマナーに委ねられる部分が大きいのではないでしょうか。リアルの世界でも、例えば公共施設が少数のマナー不足の人のために自由に使えなくなるという事があると思いますが、それと同じようなことが当てはまると私は思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

匿名希望 さん

 御助言頂き有難うございます。
 そこは自然の流れに委ねたいと思います。

たがしゅう先生おはようございます。カテゴリー教えて頂きありがとうございます。カテゴリーの存在に気づいていませんでした。読者の方向けの注意事項全て読ませていただきました。
たがしゅう先生がこれからもブログを続けて下さる事を願っています。本格的に暑くなって来たのでお体ご自愛下さい。

No title

3回ほど質問やコメントさせて頂きました。
一般的な掲示板かのように、くだらないコメントまで(TT)
先生がお返事を必ずされていることへの認識が、本当に甘かったと思います。
お忙しいことは想像すればすぐ分かることなのに、自己中心的でした。
本当に申し訳ありませんでした!!!!<m(__)m>
そして、助けて頂き本当にどうもありがとうございました<m(__)m>

フェイスブックなどで情報発信して下さっている先生方は、コメントには基本的に答えていない先生も多いかと思います。たまの返信でも「そうですね。」「質問には答えられません」の一言程度です。それだけで、十分だったりするのですが、たがしゅう先生は一つ一つ最高に丁寧にお返事されていらっしゃるので、本当に大変かと思います。

私のように、コメントしてきてしまう人は次から次へと出てきてしまうかと思いますが・・・、お断りして頂くのはとても自然なことに思います。今後も、有意義でない質問などはお断りをお願いできればと思ってしまいます。
末永く先生のブログを拝見したいです。

謝りたく、またもやくだらないコメントを残してしまいますv-12
心からのお願いなのですが、返信不要でお願いいたします!!!
申し訳ございません<m(__)m>!!
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
本名:田頭秀悟(たがしら しゅうご)
漢方好きの神経内科医です。
南鹿児島さくら病院にいます。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

南鹿児島さくら病院では職員を随時募集中です。
詳しくはホームページhttp://www.nissyoukai.or.jp/
を御覧になって下さい。
見学申し込みもお気軽にどうぞ。

※当ブログ内で紹介する症例は事実を元にしたフィクションです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR