FC2ブログ
サイアミディン

全てを自分事として考えられるか

突然ですが、皆さんは死後の世界を信じますか。

ヒトも含め全ての動物、生きとし生けるものは全て複雑有機化合物の集合体が化学反応を連続して起こしているに過ぎず、

科学的な思考の強い人ほど死後の世界など存在しないと考える傾向が強いのではないかと思います。

私もどちらかと言えば、そちら側に傾いている人間で、人はきっと死んで灰になるだけなのだろうという気持ちの方が強いです。

しかし絶対にないとは言い切れないという気持ちもどこかで残している部分があります。

そんな結論の出しようのない話を考えたって仕方がないではないかと思われるかもしれません。

けれどそのスタンスがどちらであるかによって、今自分が生きているこの世界での振る舞いは変わってくるように私は思います。
もしも死後の世界なんてないと考えている人は、

場合によっては自分の死後の世界なんてどうでもいいと感じ、

もしも死期を悟った場合に生きている間の財産を使いきり、何かを後世に残そうという意欲も持たないかもしれません。

ところが死後も自分の魂なり何なりが生き続け、今世で成し遂げた何かを何らかの形で感じられる世界で生きられると思えれば、

死ぬ瞬間の最期の最期まで自分の財産を世の中のためになるように活かし、死を意識することなく何かを作り続けていくことでしょう。

ここまで考えてふと思ったことですが、

死後の世界の存在の是非が大事なのではなく、

他人の命を自分事のように感じられるかどうかが大事なのではないかと思います。

つまり自分以外の人類が自分に対してと同じように大事に思える境地に達することができれば、

それはもう自分の死後にも世界があることと同じことではないでしょうか。

親が子を思う気持ちはそういうものなのだろうと察します。

私達はその経験を通じて他人を自分事のように愛することができることを無意識の内に教えられているように思います。

そうすると自分の死ぬまでに財の限りを尽くそうなどとは思いませんし、

子どもたちのために何かを残したいという気持ちも自然に発生します。

その想いを、大げさに思えるかもしれませんが、全人類、あるいは全生物へと拡大することができれば、

きっと誰に対しても胸を張れる生き方ができて、幸せを感じられるのではないかと思います。

もしかしたら動物界ではとっくにその境地なのかもしれません。

人間の場合はそれに気付くのに宗教という人為が必要だったのでしょうか。


たがしゅう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも興味深い記事をありがとうございます。

「死」という現象に興味を持ち、
関連する様々な方面の本を読んだ時期があります。
考えれば、考えるほど迷走してしまい、
答えは見つかりません。

形あるものは宇宙で作られた元素が材料です。
形のある人体は「肉体の死」によって、
元素に戻ります。

では、人の心、魂は・・・
脳という物質が生み出したのなら、
無くなるはずだと思います。

しかし元素など人類が解明している部分は、
宇宙全体の約5%の割合です。
人間が、このわずか約5%の部分だけに
関係していて、残り約95%の未知の部分と、
無関係だとは到底思えません。

残りの約95%の部分は全くの未知ですが、
この約95%に、想像を超える「死」の答えが、
あるのではと思います。

物質的なものは、発生と消滅を繰り返すが、
魂は存在し続け、一つの集合体となる・・・?
魂の存在に必須なのは「愛」・・・?

「死」があるから「生」の意味を知る。
全人類、全生物「愛」を持った生き方が大切。
「愛」を学ぶために「生」があるのかもしれません。

東大の救急部の名誉教授、矢作直樹先生をご存知でしょうか?。2016年に退官されていたのですね。独身の先生で(今は分かりません)、仕事大好き人間で、病院に住み込んでしまっているような話を聞いた事があります。

目の前で何人もの患者さんが亡くなっていく現場で働き、ご自身も2度の臨死体験のある先生です。2度死後の世界を体験し、2度生き返った先生です。

死後の世界や魂に詳しい先生で本を出されています。同じ男性医師で入りやすいかも知れません。

難病でも、心や魂の問題に立ち向かえば病気は良くなっていきます。心や魂の問題から逃げれば、病気は悪くなっていきます。

魂の問題としてカルマがあります。カルマとは前世から持ち越してきた課題の事で、「心の癖」として表れます。

Re: No title

Etsuko さん

 コメント頂き有難うございます。

> 「死」があるから「生」の意味を知る。
> 全人類、全生物「愛」を持った生き方が大切。
> 「愛」を学ぶために「生」があるのかもしれません。

 
 もしも生物が不老不死であったと仮定したら、
 そもそも「愛」というものは生まれていなかったのかもしれませんね。
 もしそうだとすれば、せっかくの限りある命の中、愛を持った生き方をしていきたいものです。

Re: タイトルなし

NM さん

 コメント頂き有難うございます。

 矢作直樹先生、存じております。
 一度御講演を聞かせて頂いたこともございます。独特の感性をお持ちの方だと思いました。

> 難病でも、心や魂の問題に立ち向かえば病気は良くなっていきます。心や魂の問題から逃げれば、病気は悪くなっていきます。
> 魂の問題としてカルマがあります。カルマとは前世から持ち越してきた課題の事で、「心の癖」として表れます。


 この辺りも大事な視点だと私は思います。
 そこまでしみ込んでしまった心の癖を、解きほぐしていくための具体的な方法を知る必要があります。
 そうでない限り、科学と非科学の溝は深まるばかりです。やわらかい心を持って考えていきたいです。
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
本名:田頭秀悟(たがしら しゅうご)
漢方好きの神経内科医です。
南鹿児島さくら病院にいます。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

南鹿児島さくら病院では職員を随時募集中です。
詳しくはホームページhttp://www.nissyoukai.or.jp/
を御覧になって下さい。
見学申し込みもお気軽にどうぞ。

※当ブログ内で紹介する症例は事実を元にしたフィクションです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR