FC2ブログ
サイアミディン

現代医療はすでに破綻している

某医科大学での入試の際に女性の受験生への一律減点操作が行われていたというニュースが話題になりました。

これに対する否定的な見解が大勢を占める中で、現場の医師から「必要悪だ」と擁護する意見も耳にしました。

聞けば、一般的に運動能力が男性より低い女性医師は、救急当直などで24時間以上勤務が常態となる過重労働に耐えられなかったり、

あるいは出産・育児の関係で仕事に穴を開けざるを得ない状況があり、男性医師と女性医師は実質的に同等ではないと。

もしも女性医師が多くなれば現場は回らなくなり、さりとて正直に女性合格者は3割に絞ると公表すれば医学部を目指す女性が大幅に減ってしまう。

だからこうした合格者数の男女比操作は秘密裏に暗黙の了解で行われるべきで現場の労働環境を守るためにも追及すべきではないというご意見です。

私はこの意見は何重にも間違っている意見だと思います。
特に間違っていると思うのは次の2つ、①「相手の立場を考えていない」、②「問題の本質に気付いていない」という点についてです。

私も男性医師の立場でこれまで何人もの女性医師達の働きぶりを真近で見てきました。

皆さん熱心で優秀で優しい人ばかりでしたし、妊娠・出産で休む時もスタッフを気遣う人間ができた人が多かったように思います。

腹の底はわかりませんが、少なくとも私には過酷な労働環境でも嫌な顔をすることなく必死に仕事に勤しむような人ばかりに見えました。

女性医師が増えれば一人あたりの現場の労働負担が増えるという理屈はわかります。しかしだからと言って体制側が勝手に女性医師の数を絞るべきではありません。

そういう労働環境でも働きたいと思うかどうかは、あくまでも当事者が考えるべき問題だと思います。

だってもし、自分がこれから医学部を受けようかと迷っている女子学生の立場だったとしたら、

公平にテストの点数が評価される大学と、全体の3割しか女性はとらないと公言している大学とで、受験行動に変化が出ると思いませんか。

私だったら偏差値が同じくらいだと仮定すれば、最初から3割しか受からない大学へ挑戦しようとは思いません。

つまり大学は学生の気持ち度外視で、自分達の都合で合格者数の男女比を操作しているということです。

過酷な労働環境だから女性に務まらないと思うのは大人達の勝手な決めつけであって、

実際には与えられた環境の中で、最大限努力して働いている女性医師が大半だということです。

女性医師が増えれば、眼科や耳鼻科といった比較的生活の質が保たれやすく、かつ出産・育児後も復帰しやすい科に人が集中してしまい医師の偏在が悪化してしまうという意見もありますが、

それに関しても当事者が当事者の人生の中で考えるべき問題です。大学側に無断で操作されるべきではありません。

過酷な労働環境、専門科の偏り、医療崩壊への懸念…

女性医師を増やすことで見えてくるこうした現象から問題の本質が見えてきます。

つまり「現代医療のシステムが破綻している」ということです。

すでにギリギリの状況で今の医療が執り行われているということです。

そして医療が過酷労働になる根源的な要因はどこにあるでしょうか。

それは医師依存型の受動的医療といつまでも治せない自己治癒力阻害型の西洋医学中心医療の2点に尽きると私は考えています。

先日ブラック企業化の本質的な原因は「社員が我慢をし続けること」にあるという私見を述べましたが、

まさに今の日本の医療業界も多くの医者の我慢により成り立っている「ブラック医療」とも言える状況になってしまっていると私は思います。

現場の労働環境を変えたいなら女性合格者数の定員を無断で減らすよりもまずすべきことがあります。

西洋医学中心医療の抜本的見直しと患者中心の主体的医療の推進です。

もう少し具体的に言えば、まずは患者が医師に任せず自分で病気を管理する意識を持つことによって、

不要な投薬は減り、病院にかかる慢性疾患外来患者が少なくなり、病院は機能を最小化することができます。

そしてそこで働く医師は真の救急患者の救命など本来発揮すべき働きに過重労働なく専念することが可能となります。

そんな風に病院や医師の仕事が少なくなれば、仮に女性医師が増えたところでも現場負担はそれほど変わらなくなります。

そんなばかなと思われるかもしれませんが、北海道の夕張市は2007年に財政破綻により医療崩壊したことで知られており、

崩壊前の病床数171から19とおよそ1/10まで入院できるベッドが減るという状況に実際になったそうですが、

驚くことに死亡率、医療費、救急車の出動回数すべてが減少したということが明らかとなりました。

私はこの理由を「西洋医学中心医療からの半強制的離脱」と「半強制的な主体的医療化」の2点にあるのでないかと私は考えています。

つまり住民たちに「周りに病院がなくなったから自分達でなんとかするしかない」という気持ちが芽生えやすくなったことが大きかったのではないかと思います。

「そんなのは夕張市の特殊イベントであって、今の医療がそう簡単に変えられるわけがない」

そんな声が現場の医師や患者から聞こえてきそうです。

そう思う人はこれからも過重労働環境で医師の仕事を続ければいいし、患者は自己管理を放棄して医師に依存し続けて医師の仕事を過酷にすることに貢献し続ければいいです。

でも忘れてはならないのは、そうした「みんなが我慢しているのだから私も我慢しなくちゃ」という小さな我慢の蓄積が企業や医療をブラック化しているということです。

それが嫌ならば自分ができることで具体的に行動を起こすことです。しっかりと声を上げることです。

医師側、患者側、双方に具体的にできることがあるはずです。

西洋医学中心医療からの脱却、受動的医療から主体的医療への移行に向けて、

私は私の考えを着実に実行へ移していきたいと思います。


たがしゅう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たがしゅう先生、スタチンの服用についてのアドバイスありがとうございました。
ご自身の勤務以外のお時間をさいて、真摯にご返答くださる姿に頭が下がります。
主体的医療、西洋医学中心からの脱却。。
医療とは無関係な私でも極めて困難なことは想像できます。お体にくれぐれも気をつけてご自身の道を歩まれることを陰ながら応援いたします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 供給がなくなれば、どこも一緒

ミヤ部長 先生

コメント頂き有難うございます。

> 死亡率の低下は、疾病の早期受診、早期発見からと思いますし、医療費の低下は北海道ならではの冬季入院が減ることと、重篤になっての受診が減ったこと、救急車利用率の低下は、よその地区への受診だから昼の時間の適正な受診に結びついただけと思います。西洋医療からの脱却は少し違うと思います。

夕張市で医療崩壊したら死亡率、医療費、救急車出動回数が減ったという事実に対して解釈の仕方は様々だと思います。先生の解釈の仕方もその一つでしょう。
しかし西洋医学中心医療は良いという前提に立つと見えない解釈の仕方もあると思います。明日は西洋医学中心医療の特徴についてもう少し考察を深めてみたいと思います。

医師はかっこいい

テレビ番組のドラマ・ドキュメンタリーに見る「医療現場」として象徴的なシーンを挙げてみます



「当直の医師が仮眠中のソファから飛び起き慌ただしく患者の対応をする」

「寝ぐせ頭にカップラーメンを手に「私の食事はこれです」とむしろ誇りに満ちた顔でカメラに向かって話す救急医療の医師」

「「先生助けてください!」と懇願する患者と「やるだけやってみましょう」と自信持って答える医師」



これだけみても、医療現場は「緊迫していて、慌ただしい日々が常で、重責を担う立場の医師がいる。しかしむしろ医師はプライド高く業をこなしている」と視聴者には受け取られる作りになっています

そしてその様子を視聴者は「かっこいい」と感じるでしょう

先生の仰る「西洋医療」「受動的医療」の象徴的映像が「医師をかっこよく見せている」のではないでしょうか



今から医師を目指す学生たちがこの様子に憧れて医師になる限り、日本中が西洋医学中心医療からの脱却、受動的医療から主体的医療への移行する妨げにならなければいいのですが。

Re: 医師はかっこいい

だいきち さん

コメント頂き有難うございます。
なかなか興味深いご指摘です。確かにそうした側面がありますね。

救急災害医療の現場では確かにドラマさながらの状況が繰り広げられていると思います。
それをピックアップする医療系ドラマに視聴者がかっこよさを感じ、惹きつけられるのも無理もないと思います。

しかし医療現場の大半はそれ以外の急性期〜慢性期医療がほとんどです。そのイメージはなかなかテレビドラマを通じては伝わらないのだろうなと思います。
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
本名:田頭秀悟(たがしら しゅうご)
漢方好きの神経内科医です。
南鹿児島さくら病院にいます。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

南鹿児島さくら病院では職員を随時募集中です。
詳しくはホームページhttp://www.nissyoukai.or.jp/
を御覧になって下さい。
見学申し込みもお気軽にどうぞ。

※当ブログ内で紹介する症例は事実を元にしたフィクションです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR