サイアミディン

新しい医療を創る

糖質制限はヒトの健康を考える上で避けて通れない問題です。

糖質制限をうまく利用すれば無駄な医療がかなり省けると思います。

しかし流石に医療が不要になるとまでは思いません.糖質制限だけでは対処できない問題も現実には多々あります。救急医療はその一例です.

一方で既存の医療には問題点も多いですが,その中にも有効な治療法はたくさんあります.

糖質制限と今までの医療を組み合わせる事で、困難な病態に立ち向かうための打開策が見出せるかもしれません。

情報が集まってきたおかげで、ただ大きな流れに沿って生きていくしかなかった時代から,よりよい生き方を選ぶことができる時代へ移ってきています。

これからは糖質制限の理論を踏まえて,各分野の医師が新しい医療の在り方を模索していくべきだと私は思います.
例えば,頭痛の治療には糖質制限、良くならなければ頓挫薬/予防薬を併用する。

アレルギーの治療には糖質制限,治らなければ抗アレルギー薬,ステロイドを追加する。

めまいの治療には急性期はメイロンや制吐剤で対処し、漢方療法や糖質制限で再発予防を図る。

認知症の治療には糖質制限をベースに,必要に応じて最小限の抗認知症薬やフェルガードを用いる。

がんの治療にはケトン食を行いながら手術や化学療法,放射線療法を組み合わせる、などなど…

それ以外にも,慢性閉塞性肺疾患にも,過活動膀胱にも,炎症性腸疾患にも,糖質制限を加えることで見出すことのできる新しいアプローチの仕方があると思います.



糖質を制限するだけでは完璧ではないかもしれませんが、

糖質を制限する事は身体本来の持つ治ろうとする力を邪魔しないことであり、健康を保つ上で基本的な支えになります。

「糖質制限でカバーできない問題が出た時に、現代医療が培ってきた治療を組み合わせればよい」

患者から専門医まで皆がそう考える事ができるようになれば、

より無駄のない,患者さんにとって真に益のある医療が目指せるのではないかと私は思うのです.


たがしゅう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

賛成です

>これからは糖質制限の理論を踏まえて,各分野の医師が新しい医療の在り方を模索していくべきだと私は思います.
「糖質制限でカバーできない問題が出た時に、現代医療が培ってきた治療を組み合わせればよい」

そのとおりですね。
一部の心ない人からは「糖質制限教」などと言われますが、科学的な根拠と実践で成果を上げて、より無駄のない,患者さんにとって真に益のある医療を築き上げたいですね。
 このままでは、高齢化の進展と共に、医療も介護制度も、崩壊の危険性があります。

お金のかからない、体に良い自然な食事をすることによって、随分と違う社会が出来ると考えます。
          長谷川


Re: 賛成です

長谷川 さん

 御理解頂き有難うございます.

No title

たがしゅうさん

ある本の受け売りですが、科学者が良き組織人であることを優先するあまり科学を忘れ、ただのサラリーマンになってしまうのが問題なのでしょう。緊急救命や外科手術などは返って職人的な技量などの瞬間的なノウハウが追求される結果、純粋な技術追求が科学性を持ちえるのだろうと推測しますが、糖尿病やダイエットのような別に明日死ぬわけでもない場合、製薬会社との付き合いや周囲の医師との軋轢を避ける自己保身というのが頭をよぎるのでしょう。

「糖質制限教」!素晴らしいですね。生物学と考古学をベースにした最強の教えとして現代医療に君臨する覇者を目指しましょう!

Re: No title

SLEEP さん

 コメント頂き有難うございます.

 確かに周りからみれば宗教に見えるのかもしれません.

 しかし周りにどう思われようと,私は自分が正しいと思う事を続けていくだけです.
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
漢方好きの神経内科医です。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR