サイアミディン

内側と外側から髪を守る

原始古代の人々の暮らしを,

遺跡などから調査している考古学者の先生の話を聞く機会がありました.

話の概要は遺跡の痕跡や出土品などから当時の気候や生活様式を推定するというものでしたが,

会場から「遺跡から昔の人の食生活を推定する事はできるのか」という質問が挙がりました.

すると講師の先生は,「髪の毛などに含まれる炭素や窒素などの含有量から,どういうものを食べていたのかをおおよそは推定する事ができる」と答えられていました.

確かにドラッグなどの薬物検査でも毛髪から判定するという事があります.

要するに食べたものの影響は毛髪に反映されるということです.
若くして髪が薄くなる人や,原因不明の抜毛症で悩まされる人がいますが,

こういう話を聞いていると,普段食べているものの影響もあるのではないかという気がいたします.


また前回シャンプーレスの話をしましたが,

シャンプーにはほぼ例外なく界面活性剤が含まれているため,

シャンプーを繰り返す行為は,実は髪を傷め続ける行為たりうると思います.

それはまさに糖質を摂取し続ける行為による悪影響とさも似たものがあります.


というのも,シャンプーもその瞬間は良い香りがしますし,風呂上りに水分も含まれて触り心地がいいことでしょう.

しかし,実は界面活性剤によって皮脂は根こそぎ奪われてしまっており,

奪われた皮脂を人体がまた産生し,修復したりを繰り返しているわけです.

一方,糖質の方も摂取した瞬間はドーパミンも分泌され,

多幸感で満たされて満足すると思います.

しかし,その実身体の中では,血糖値の上昇という臨時事態を収束させるために,

インスリンというホルモンが出る事によって状態を修復する,という行為を繰り返しているのです.

糖質制限をする事によって毛髪がしっかりしてきたという報告もしばしば耳にしますが,

糖質制限とシャンプーレスをする事は,

内側と外側から毛髪を守る行為になると思います.



髪を大事にしているという人が「いいシャンプーを使うようにしている」,とか,

そういう話をテレビで見る事があります.

それはいわゆる「プラス」の発想だと思いますが,

それよりも重要な事は,有害なものを取り除くという,

「マイナス」の発想ではないかと思うわけです.


たがしゅう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
本名:田頭秀悟(たがしら しゅうご)
漢方好きの神経内科医です。
南鹿児島さくら病院に勤務しています(下段にリンクあり)。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

※当ブログ内で紹介する症例は事実を元にしたフィクションです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR