サイアミディン

わかりやすい異常とわかりにくい異常

西洋医学は科学的という態度に偏り過ぎる余り、「検査重視」の医学です。

血液検査での異常を指摘されたり、高価な画像検査での病変が判明したりすれば、

強力な説得力を持って患者さんへ症状の理由を説明する事ができると思います。

しかし、逆に検査で異常が出ない場合への対応は、西洋医学は余りにも無力です。

ブログ読者の中にも、病院に行って「検査には異常はないから心配要りませんよ」と言われた経験のある方も多いのではないでしょうか。

ところが検査に異常がなくとも、実際に症状がある事はざらにあります。ですが患者さん側もそこまで強い症状ではない場合に医者に「検査異常なし」などと言われると、

「そういうものなのか…」と年のせいとかたいした問題ではないと自己解釈し、我慢してやり過ごしてしまっている状況があると思います。
あるいは「それでも症状があるからなんとかしてほしい」と患者さんが訴えたとしても、

痛みには鎮痛薬、めまいには抗めまい薬、しびれにはビタミンB12製剤という形で対症療法を行いますが、

これらは単一成分を抽出し凝縮するという発想で作られた、いわゆる「西洋薬」です。

ビタミン剤はまだしも、基本的に西洋薬の本質は身体のシステムを強制的にブロックしたり、急にシャットダウンしたりさせて身体に無理をかける性質の薬です。

そしてこれらは根本的な問題を解決しません。身体のシステムが元に戻らない限りいつまででも飲み続けなければならず、まさに付け焼刃の治療と言えるでしょう。

それでも対応する薬があればまだいいですが、

「頭が鳴る」とか「背中がほてる」とか「身体のあちこちが痛む」などと患者さんが言おうものなら、「精神的なものですね」と言われて心療内科や精神科への受診を勧められるでしょう。

そして心療内科や精神科で処方される薬がまた、脳に対する付け焼刃的な治療であるわけです。


そう考えると、西洋医学ベースの医療は、

検査で異常があり、かつ介入する手段がある場合には有益となりえますが、

それ以外の場合に対しては無力どころか、有害無益にしかなりえないという構造があるという事を認識しておくべきだと私は思います。

一方で千年も二千年も前の時代には、

検査そのものが存在していなかったわけですから、

必然的に当時の医療は検査なしで今そこにある症状と向き合い続けた事になります。何しろ「検査には異常はありません」という逃げ文句は使えませんからね。

その今そこにある症状と向き合い続けた歴史と、その中で培われたノウハウをまとめ上げたのが東洋医学の理論体系です。

東洋医学の勉強を続けていると、いかなる患者さんの症状に対しても真剣に向き合ってきたという努力の跡が感じられます。

例えば今からおよそ2200年前の前漢時代に編集された「黄帝内経(こうていだいけい)」という現存する中国最古の医学書には、

聖人は既病ではなく、未病を治す」という記載があります。

未病とは、真の病気に至る前の状態の事で、まさに「検査では異常がないけれど体調は何となく悪い」という概念を含んでいると思います。

実は西洋医学の中には未病という概念はありません。

なぜならば未病の概念はあいまいで、西洋医学は明確に定義できないものを研究対象とする事を嫌うからです。

研究対象とみなしていないものを解明できるわけはありませんから、西洋医学が検査で異常がない体調不良に無力なのも無理もない話です。

言い換えれば西洋医学はわかりやすい異常に対してしかうまく対応する事ができないのです。

ウソだと思う人もいるかもしれませんが、それが私が十数年間西洋医学ベースの医療に携わってきて感じた本質です。


一方東洋医学の方は少なくとも未病という形で軽微な異常も捉えようとしています。

しかも西洋医学では「心の問題」と一括りにされそうな様々な症状に対して、様々な治療の選択肢が準備されています。

この凄さをもっと多くの医療関係者に分かってもらいたいと私は思っています。

そんな中、その未病とは何かを科学的に解明しようとした論説が日本東洋医学会の会誌に載っていました。

興味深いので紹介して私見を述べようかと思ったのですが、

長くなりそうなのでまた次の機会に回したいと思います。


たがしゅう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たがしゅうさん

心の問題とか気のせいというのも未病と言えるわけですね。それに対して「検査」というのは科学的手法で計測するわけですが、機械と違って人間は手荒に扱っちゃだめですし、プライバシーもありますから四六時中監視も出来ない。
どうもそういう性質の違いを医師の方々は判っておられるのかな?と機械を扱う仕事の自分は思います。

もし検査する価値があるとしたら、姿勢ですね。一分間まっすぐ立ってられるか見るのもいいでしょう。だいたい姿勢の悪い人間は仕事の効率も悪いですし、すぐ腰痛や肩こりになります。筋力の衰えも如実にわかります。

Re: No title

SLEEP さん

 コメント頂き有難うございます。

 確かに姿勢は大事ですね。
 勉強していると姿勢に対するアプローチも想像以上に奥の深い世界だとわかります。学びを続けていきたいです。
 
 姿勢が悪くなったのも現代病の一つと言えると思います。パソコンやスマホ文化がなければ今ほど肩こりで悩まされる人の数は多くなかったであろうと推察致します。

動脈硬化は?

たがしゅうさん、こんにちは。

以前から気になっているのですが、「動脈硬化」は西洋医学にとってわかりやすい異常なのか、それともわかりにくい異常なのか、どちらなのでしょう?
人間ドックなどでは頸動脈エコーでプラークの程度を診て動脈硬化の度合いを判定するようですが、「その方法は必ずしも正確ではない」と言われる医師もおられます。また、脈波を測定して、動脈硬化を診断する医療機関もありますが、その結果をどの程度信頼してよいものか・・・というのが私の印象です。
この点がはっきりとわかれば、コレステロール値が高かろうが、自信をもって糖質制限を進めていける人もあると思います。たがしゅうさんのお考えをお聞かせいただければ大変有難いです。

Re: 動脈硬化は?

あきにゃん さん

御質問頂き有難うございます。

> 「動脈硬化」は西洋医学にとってわかりやすい異常なのか、それともわかりにくい異常なのか、どちらなのでしょう?

わかりやすい段階からわかりにくい段階からまで様々なステージがあると思います。

例えば頸動脈が80%でも狭窄していれば、誰の目にも明らかで西洋医学的にもステントや内膜剥離術の治療方法があります。

しかし20%ほどの狭窄であれば、エコーによる断面の映し出しの微妙な差によって変動しますし、そうした状況下では脈波検査も必ずしも正確とはならず、わかりにくい異常という事になります。

結局どこまで行っても、どれだけ検査の精度が高まったとしても、検査で捉えきれない範疇の異常が必ず存在します。そこは全て西洋医学では太刀打ちできないわかりにくい異常だという事になると思います。

プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
本名:田頭秀悟(たがしら しゅうご)
漢方好きの神経内科医です。
南鹿児島さくら病院に勤務しています(下段にリンクあり)。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

※当ブログ内で紹介する症例は事実を元にしたフィクションです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR