サイアミディン

乳幼児死亡率が平均寿命に及ぼす影響

ブログ読者のたにぐちさんとライトさんより、

昔の人は生活習慣病が発見されず平均寿命が短かったことを指摘した記事について、それぞれコメントを頂きました。

【16/10/28 たにぐち
タイトルなし
今昔の寿命の比較は、私のような素人が考えても、
抗生物質の普及など医療技術の進歩という側面があって、
なかなか単純に比較しづらいところはあると思います。

【16/10/28 ライト
タイトルなし
昔は乳幼児での死亡率が高く、平均寿命を下げてたのでは?


平均寿命というのは、その集団の様々な生活要素の結果として現れるので、

各時代で単純に比較しきれるものではないという点は御指摘の通りだと思います。

なかでも現代と昔とで大きく違うのは、ライトさん御指摘の「乳幼児死亡率」です。本日はこの問題について取り上げてみたいと思います。
よく乳幼児死亡率が下がったのは医療技術が発達したからだと言います。その事を私は否定しませんし、そういう要素は確かにあると思います。

しかしそもそも乳幼児が死亡する原因は何なのでしょうか。

乳児とは生後0日から離乳が終わるであろう満1歳未満の時期、幼児とは満1歳から小学校就学までの時期のこどものことで、併せて「乳幼児」です。

厚生労働省の統計によると、0歳児と1~4歳児の死因第5位までは次のようになっています。

(0歳児)
第1位:先天奇形,変形及び染色体異常(35.1%)
第2位:周産期に特異的な呼吸障害等(14.1%)
第3位:乳幼児突然死症候群(5.7%)
第4位:不慮の事故(4.9%)
第5位:胎児及び新生児の出血性障害等(3.9%)

(1~4歳児)
第1位:先天奇形,変形及び染色体異常(17.7%)
第2位:不慮の事故(16.4%)
第3位:悪性新生物(9.6%)
第4位:心疾患(7.2%)
第5位:肺炎(4.8%)


乳児と幼児ともに死因の第1位は生まれつきの遺伝子異常で亡くなるので、いくら医療が発達していても残念ながら助けられないケースです。

また不慮の事故につきましても医療の発達は救命に無力でしょう。

0歳児の第2位の「周産期に特異的な呼吸障害等」は、私は専門ではないですが、昔医学生時代に習った2大疾患は「呼吸窮迫症候群(RDS:Respiratory Distress Syndrome)」と「胎便吸引症候群(MAS:Meconium Aspiration Syndrome)」です。

これらは確かに医療の発達によって救われうる命かもしれません。吸引や酸素投与、人工呼吸器などの利用によって昔は救われなかったRDSやMASのこどもを現代医療は幾度となく救ってきたことでしょう。

しかし一方でそもそもRDSやMASをどうして起こすのかという事を考えてみると糖質摂取との関連がありそうに思えてしまいます。ですが、この問題は本題と少しずれるのでまた別の機会に語ろうと思います。

0歳児の第3位、「乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)」、これは現代医療でも救えません。

なぜなら乳幼児が突然原因不明で亡くなって初めて「SIDS」という診断がつくからです。いわば結果論の診断名だからです。

SIDSにまつわっては一般的にうつ伏せ寝がその原因ではないかという事が言われていますが、糖質の関与は考えられないでしょうか。ここにもいずれメスを入れたいと思います。

あとの脳出血とか、悪性新生物、肺炎、心不全なども現代医療で助ける事ができそうです。しかしその割合は決して乳幼児死因全体の多数派ではなく、医療が発達していても助けられない乳幼児死亡は結構あるという事は理解しておく必要があると思います。


次に乳幼児死亡率の増加が全体の平均寿命に及ぼす影響について考えてみます。

総務省統計局の統計調査では、平成28年10月現在の0~4歳児の人口は男女合わせて514万人、日本全体の総人口が1億2693万人です。

つまり乳幼児は全人口のだいたい5%弱を占めているという事になります。

計算しやすいように今仮に日本の平均寿命を80歳として、5%の乳幼児が全員死亡したと仮定して平均寿命を算出するとどうなるでしょうか。

80×(120000000×0.95)/120000000=76歳

乳幼児全員が救えなかったという非現実的な設定でも平均寿命は4歳しか下がらないのです。

ということは江戸時代~昭和初期の平均寿命が40~50歳というのを、乳幼児死亡率の増加だけで説明しようとするのには無理があると考えられます。

やはりたいていの日本人が40~50歳程度でなくなったと考えるのが妥当ではないかと思います。


もう一つそう考える根拠を提示します。

江戸時代を彩った徳川15代将軍の平均寿命です。

Wikipediaによれば徳川15代将軍の寿命はそれぞれ次のように記載されています。

1徳川家康 享年75歳
2徳川秀忠 享年54歳
3徳川家光 享年48歳
4徳川家綱 享年40歳
5徳川綱吉 享年64歳
6徳川家宣 享年51歳
7徳川家継 享年8歳
8徳川吉宗 享年68歳
9徳川家重 享年51歳
10徳川家治 享年50歳
11徳川家斉 享年69歳
12徳川家慶 享年61歳
13徳川家定 享年35歳
14徳川家茂 享年21歳
15徳川慶喜 享年77歳


この徳川15代将軍の平均寿命を計算すると51.4歳です。

栄華を極めた徳川将軍でさえこの平均寿命であったわけですから、

庶民の平均寿命が40代というのはあながち的外れでもない数値なのではないかと思います。


というわけで医療の発達による乳幼児死亡率低下の寄与率は低く、

乳幼児の死亡率増加の件を考慮しても、平均寿命の数値はまずまず実情を反映している値ではないかと私が考える次第です。


たがしゅう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

徳川15代将軍の死亡原因はなんだったのでしょうか?戦いや怪我が原因の死があったから平均寿命が短くなったとは考えられませんか?

Re: No title

ココア さん

 御質問頂き有難うございます。

> 徳川15代将軍の死亡原因はなんだったのでしょうか?

 徳川将軍の死因には諸説あるようですが、いずれも何らかの病が原因と考えられているようです。
 将軍の立場ですし、直接戦地に赴くことはなかったでしょうから、外傷や事故死は考えにくいのではないかと思います。

将軍の死因

たがしゅう先生

はじめてコメントさせていただきます。
先日、篠田達明著「徳川将軍家十五代のカルテ」という本を読みました。
初代家康から十五代慶喜までの死因が以下のように記載されていました。
「胃がん・胃がん・脳卒中・不明・はしか・インフルエンザ・急性肺炎・脳卒中・尿路障害・脚気衝心・急性腹症・暑気あたり・脚気衝心・脚気衝心・急性肺炎」
著者は、整形外科医にして作家で、文献調査による各将軍の最後の様子を基に最新医学で診断したそうです。

将軍家のもっとも大事な仕事は、軍事や政治ではなくて子作りだったそうですから、その生活や推して知るべしですよね。
大事に大事にされて、これです。

横から失礼しました。

Re: 将軍の死因

ひっ跳べ さん

 コメント頂き有難うございます。

> 初代家康から十五代慶喜までの死因が以下のように記載されていました。
> 「胃がん・胃がん・脳卒中・不明・はしか・インフルエンザ・急性肺炎・脳卒中・尿路障害・脚気衝心・急性腹症・暑気あたり・脚気衝心・脚気衝心・急性肺炎」
> 著者は、整形外科医にして作家で、文献調査による各将軍の最後の様子を基に最新医学で診断したそうです。


 大変参考になる資料です。どうも有難うございます。

 割と脚気衝心が多かったり、現代なら治せそうな感染症で亡くなっているケースも多いという所も注目ですね。

江戸患いのこと

脚気の原因は白米中心の食生活であることを当時既に特定されていて、脚気のことを江戸患い、つまり参勤交代で江戸屋敷に勤めるようになり、白米中心の食生活になると、発病する病気であるとという認識があったとのこと。その対策としてビタミンB1補給のため蕎麦が広まったというのが通説ですね。
近代になって、日本陸軍の兵士に脚気が大流行した原因が白米にあることをなかなか認めないため、多くの兵士が命を落としてます。
これらは、武士や兵士が白米を食べて運動でエネルギーを消費していたので、糖質の摂取によるインシュリンの弊害でなく、ビタミンB1の欠乏が白米中心の食生活によって発生した事象。
現代は、運動量が激減して、ビタミン類の補給が行われていることで、白米摂取もしくは糖質摂取の別の弊害が出てきているといことでしょうか。
少なくとも、過去に白米が健康に良い食べ物ではないことを経験から学んでいるのに、日本人の主食は米であると主張するのは宗教の教義みたいなものですね。

Re: 江戸患いのこと

やまたつ さん

 コメント頂き有難うございます。

 白米の健康被害が明らかであってもそれを否定しその根拠を文化や精神論に求めるしかなくなる思考パターンは、糖質の強固な中毒性をそのまま現していますね。将軍家でさえ長寿にならなかったというのは皮肉ですが、重要な事実を教えてくれているように私には思えます。
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
漢方好きの神経内科医です。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR