サイアミディン

良い面もあれば悪い面もある

先日雪道を歩いていて感じた事が実はもう一つあります。

前日は病院の新年会に参加していたのですが、

とある部署のスタッフ達が余興で「恋ダンス」というのを披露してくれたのです。

このダンスは昨年末に放送されたドラマのエンディングで見られるもので、

星野源さんの「恋」という曲に合わせて踊られる、複雑だけど見ていて楽しそうで爽快な気持ちにさせられるダンスです。

「すごいの覚えたなぁ」と感心しつつ、新年会終了後このダンスが気に入った私は、

帰宅してから動画サイトで「恋ダンス」を改めて観てみることにしました。
私はダンスのセンス0なので、

その複雑なダンスを何度観ても踊れる気がしませんでしたが、

ただ爽快な曲のリズムにはハマり、頭の中から曲のメロディがしばらく離れなくなりました。

読者の皆さんもおそらく同様の経験があるのではないかと想像しますが、

曲が頭から離れないからといって悪い気はしませんよね。

話は雪道の日に戻りますが、私は1時間くらい歩いている際中ずっと、

頭の中で「恋ダンス」のメロディが流れ続けていたのです。

その間、私は悪い気はしていませんが、一方で他の事を考える思考が制限されていたことにふと気づきました。

そこで私は思いました。これが哲学者イマヌエル・カントが言った音楽の「最高さ」と「最低さ」だったのではないかと。


そう言えば、この時期世の中ではもう一つ、

ピコ太郎なる人物が歌う「PPAP」という曲が世間を席巻しました。

年末至る所で聞かれ、おそらく全国各地の忘年会で使われたでしょうし、

ピコ太郎さんはこの曲で紅白歌合戦にも出場し、アメリカのビルボード・ソング・チャートに世界最短でトップ100に入りしギネス記録にも認定された事でも話題になりました。

確かにこの曲も一度聞くと頭から離れない感じがあります。

星野源さんにしても、ピコ太郎さんにしても、

私はこの人達の人物像や背景をそれほど知っているわけではないのに、

彼らを理解していくステップをすっ飛ばして音楽を聴けばハマって頭から離れなくなるわけですから、

音楽が私達の中に入ってくる進出力たるや、ものすごいものがあります。

場合によっては中毒的でさえあります。特定のアーティストに熱狂するファンには音楽によりドーパミンを介して多かれ少なかれ中毒が形成されていると思います。

これは音楽で何かを表現し伝えるという目的において、あるいは聴く人を喜ばせるという観点において、

音楽の持つ潜在能力は強力で、芸術の中において「最高」と言えるのではないかと思います。


ところが音楽を聴いている際中に他の考え事をするのは難しいでしょう。

考える事ができるとすればその瞬間は余り音楽を聴いていないという事になるのではないかと思います。

私はよく歩いていてブログのネタを思いつく事が多いのですが、

雪道で「恋ダンス」のメロディがリフレインされていた中では歩いていても思考は冴えませんでした。それで今回の記事を思いついたのです。

ものすごい進出力で頭の中に入る分、それを自分の中で咀嚼して理解を深めていくという作業を行いにくくなるということ、

それがカントが言った音楽の、芸術としての「最低さ」だったのではないかと思った次第です。

この事は「物事には良い面と悪い面とがある」という本質を、

私達に教えてくれているようにも思えます。


たがしゅう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

いいことも

ダンスでも盆踊りでも、踊っていると楽しくなります。
嫌なことがあっても踊っていたらそんなこと考えません。
見ているだけでもです。
スッキリして、嫌なこともまあいいかと明るい考えになってきます。

思考が冴えない=嫌なことも考えない=気分転換
で、ストレス解消効果バツグン、だと思いました。
いいことでもあると思いました。
歌舞が愛され、アイドルが愛されるわけですね。


Re: いいことも

エリス さん

 コメント頂き有難うございます。

> 思考が冴えない=嫌なことも考えない=気分転換
> で、ストレス解消効果バツグン、だと思いました。
> いいことでもあると思いました。


 そうですね。
 まさに悩みも忘れてスッキリしたい時に音楽ほど優れたものはない、と言えるかもしれません。
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
漢方好きの神経内科医です。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR