サイアミディン

新たな医師人生を始めるきっかけ

白状します。正直迷っていました。

自分が今どこにいるかをこのブログで公開すべきか否かということを、です。

なぜ迷うかと言えば、おかげさまで多くの方に見て頂けるようになってきたこのブログ、

よくも悪くも記事を書く際に少しずつ影響力を持つようになってきました。

私がよかれと思って発信した情報が、めぐりめぐって誰かを傷つけるというという事も現実として起こるようになってきました。

そして今、私はとある小規模病院で糖質制限を自由に実践できる環境を整えるべく、自分のできる事を着実に行う努力を続けています。

しかしまだ始まったばかりの状況、とても環境が整っているとは言えません。

そんな中、私がいかに個人ブログとは言え、自分の所属を明らかにしてしまえば、病院にいろいろな形で迷惑をかけてしまう可能性があります。
例えば、万が一にも私の糖質制限指導を希望して患者が押し寄せてしまえば、まだ周知が行き届いていない状態では病院が対応に苦慮する事は必至です。

また所属を明らかにしたことでネット上で謂れのない誹謗中傷を受け続け、過去に所属していた病院に実際に迷惑をかけてしまった苦い経験もあります。

そして一度発した言葉は残り、情報は瞬く間に伝播します。発言は慎重でなくてはなりません。


一方で、別に後ろめたいことではなく、信念に基づいたことをやっているのだから、

隠れてコソコソしたくないという想いもあります。来るべき時期が来れば所属を明らかにして堂々と糖質制限指導をしていきたいと思っています。

そのジレンマの中で、情報をあえて公開せずに純粋に日々感じた事を書き続けるというスタイルで4月前半を過ごしてみましたが、

このままだとどうも自分の中でモヤモヤが残り、私を応援してくれている読者の方々にも悪い気がしてきました。

ですので、悩んだ結果、現在の私の立場を一部公開したいと思います。


私は今、お世話になった大学病院を辞め、鹿児島に来ています。

この4月から鹿児島の80床程度の小規模病院で、一般内科医としての生活をスタートさせました。

なぜ鹿児島の病院なのかと言えば、実はこの病院は約10年前に私が後期研修医の頃、縁あってお世話になった事がある病院だったのです。

この頃褥瘡のラップ療法の事を知りたてであった私は、その治療の是非をどうしても自分の目で確かめたくて、

この病院で当時の院長先生、副院長先生にお願いして、この治療を実践させてほしいという事を申し出ました。

ラップ療法は現在の糖質制限のように、従来の治療体制から批判される厳しい状況の中でしたが、それにも関わらず院内で実践することを快く承諾され、病院のスタッフの皆さんも温かく協力してくれて、この治療の有効性をこの目で確認する事ができました。
私にとってこの病院は新しい治療を受け入れることができる土壌がある、思い入れの深い研修病院だったのです。

そして時は流れ、今から2年くらい前に当時の副院長先生、現在の院長先生と久しぶりに会って話す機会がありました。

その時に糖質制限という新しい食事療法を学び、診療で実践しようにも様々な障壁からうまく進められないもどかしさを告白したところ、

それならばウチの病院に来て実践すればいいとおっしゃって下さったのです。私の想いはこの時に固まりました。

それから大学病院を辞めさせてもらうまでにもいろいろな出来事がありましたが、

紆余曲折を経て現在の立場に至ったというのがざっくりとした経緯です。

一方でこの異動のために、私は様々な人に迷惑をかけてしまう事になってしまいましたが、

将来それが後々考えれば良いことであったと思ってもらえるように、

私はこれから鹿児島で自分のできる事を引き続き続けていくつもりです。


ひとまず自分語りは今日のところはここまでとし、

今後も必要に応じて慎重に情報を公開していく事とします。


たがしゅう
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
先生は鹿児島でしたか。
もし近くだったらお世話になりたいと思っていましたが(先生が危惧している押し寄せる一人になってしまいますね)残念です。主治医を決める時、方針が自分と合っているのかは大きいですが、幸い、私の主治医は糖質制限に否定的ではないのですが。
糖尿病になり10年。10年かかって見えてきたものもあります。日々、試行錯誤ですが先生のblogで考えるヒントをもらえるので本当にありがたいです。これからも楽しみにしてます。

Re: No title

花鳥船月 さん

 コメント頂き有難うございます。

 私は未来の医療は患者が主体となって考える形となるべきと考えています。

 私はどこにいても自分の考えを表明することはできます。その意見をそれぞれの患者さんが受け止めて、自分の頭で考えて何かしらの行動を起こしてもらうという点では私はブログという形で社会貢献はできうると思っています。

 しかし従来型の医師主導の医療ではそれができないのです。その枠組み自体を変えていきたいと私は考えています。

No title

新しい環境大変でしょうが頑張ってください。応援しています。思う存分手腕を発揮される日が来ることを願っています。

Re: No title

kentaro hiroshima さん

 応援コメント頂き有難うございます。

天璋院篤姫さま

おはようございます。
鹿児島県で連想されるのは、薩摩藩島津家の篤姫さまです。
ドラマの「大奥」では菅野美穂さん、「篤姫」では宮崎あおいさんが演じられて、夢中になって見てました。
薩摩から江戸城に政略結婚で嫁ぎ、いじめにも合い、のちの、有名な江戸城無血開城の立役者になり、徳川家を救います。とっても魅力的。

こんな想像しかできませんが、どうぞご活躍ください。

Re: 天璋院篤姫さま

エリス さん

 コメント頂き有難うございます。
 
 歴史に疎いもので、篤姫については名前くらいしか存じ上げませんでした。
 鹿児島出身の人だったのですね。苦境を経験し、後に偉業を成し遂げる所に背中を押される思いが致します。私も私のできる事を続けて参ります。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
漢方好きの神経内科医です。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
FC2アフィリエイト
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR