イベント参加

        

最期まで幸せに生きるために何が必要か

category - イベント参加
2019/ 07/ 10
                 
恒例で参加して参りました鹿児島市内の妙行寺主催の「縁起でもない話をしよう会」。

今回の話題提供者は医師の森田洋之先生でした。森田先生は一橋大学の経済学部を卒業後に医師になられたという異色の経歴をお持ちです。

森田先生は2007年に財政破綻に陥った夕張市の診療所へ2009年より勤務され、後に診療所所長も務められた経験もなさっています。

財政破綻の影響で市内の病床数が117から19床へと激減し、市内にはCTもMRIも一台もなく、救急車を呼ぼうものなら平均で1時間以上かかってしまう状況へと急遽追い込まれた山間の過疎地域で何が起こったか、

その現場で驚きの事実を目の当たりにし、その実情を自身の経済学部出身の背景を活かしてデータをまとめ上げ、

私達にとって医療の将来を占うような非常に示唆深い話を様々な場所でなさっている先生です。

そう、今回森田先生が投げかけた縁起でもない話のテーマは「医療崩壊」についてでした。
                         
                

続きを読む

                 
        

「コミュニケーション」:たにやま哲学カフェの御報告

category - イベント参加
2019/ 06/ 25
                 
もう私のライフワークの一部となりつつある哲学カフェですが、

これまでに何度かお邪魔させて頂いているたにやま哲学カフェさんに今回も参加させて頂きました。

前回の予告通り、今回も私がファシリテーター(司会進行役)として、テーマ「コミュニケーション」について参加者の皆様と語って参りました。

医師という立場で患者さんとのコミュニケーションに悩む毎日、医療現場でのコミュニケーションが重要であることに異論をはさむ人はおそらくいないと思います。

そもそもコミュニケーションとは何なのか、はたして良いコミュニケーションを行うためにはどうすべきなのでしょうか。
                         
                

続きを読む

                 
        

因果関係の証明は難しい

category - イベント参加
2019/ 06/ 15
                 
先日、かごしまビジネス読書会というイベントに参加して参りました。

月に1回、毎回一冊のビジネス書を取り上げて30分程度その場での読書時間が設けられ、

その感想を参加者どうしで語り合って情報交換するという趣旨の会です。

この会のポイントは課題図書は持ち込み推奨ですが、「事前に読んでいなくても参加可能」だということです。

私なども課題図書を持ってはいるものの、日頃の生活の忙しさに追われて積ん読となり、読み始めるきっかけを失っている本が多々あります。

なので、「事前に読んでいなくても可」というルールがあることで大分参加のハードルが下がりました。
                         
                

続きを読む

                 
        

悔いのない死のために自分らしく生きる

category - イベント参加
2019/ 05/ 27
                 
先日、いつもは妙行寺というお寺で行われている「縁起でもない話をしよう会」が、

西本願寺という鹿児島市内の別のお寺でも開催されるということで、

「縁起でもない話をしよう会」ファンの一人として参加して参りました。

仕事の都合上、途中からの参加という形にはなってしまいましたが、

今回も有意義な気付きがありましたので、この場でシェアさせて頂きたいと思います。

今回話題提供をなさったのは、妙行寺での第一回の「縁起でもない話をしよう会」の時にもお話をなさった外科医の平野慎一郎先生でした。
                         
                

続きを読む

                 
        

がんは特別なことではない

category - イベント参加
2019/ 05/ 15
                 
そこでもたらされる話題の奥深さと自分でも自覚できていない問題に気付かされる対話の貴重さに魅せられて、

今回も参加して参りました第6回目となる「縁起でもない話をしよう会」。

今回の話題提供者は今回の話題提供者は、「特定非営利活動法人がんサポートかごしま」というがん患者支援団体の理事長をなさっている三好綾さんでした。

御自身も乳がんの経験者で、がんサポートかごしまの活動を通じてこれまで多くのがん患者さん達と関わってきて来られた方です。

三好さんは最初に御自身の自己紹介をユーモアを交えつつなさって、会場の空気を柔らかなものとされていきながら、

徐々に本題となる「縁起でもない話」へと入っていくという流れでお話をされました。
                         
                

続きを読む