偉人に学ぶ

        

薬がたくさん増えることは根本原因が未解決であることを表す

category - 偉人に学ぶ
2019/ 05/ 16
                 
糖質制限食治療のパイオニアこと江部康二先生の先日のブログ記事が素晴らしかったです。

糖尿病の治療に際し、海外を中心に理論的にも実際的にも科学的根拠が集積されてきた糖質制限食、

日本糖尿病学会は、糖尿病治療として食事療法+運動療法が優先順位の第一に来ることは学会が提示する治療指針で示しつつも、

糖質制限食には一切触れず、多数の薬物療法の選択肢について示し、これらの使いこなしには専門的な知識が必要だという主張がなされています。

しかし糖質制限食の選択肢を提示せずに、薬物療法の種類が多様かつ複雑になっているという状況そのものが、

カロリー制限食という今まで推奨し続けてきた食事療法の欠陥を示しているのではないかという御意見だと思います。
                         
                

続きを読む

                 
        

不可逆的な変化への対処法

category - 偉人に学ぶ
2018/ 09/ 12
                 
内科医の鳥谷部俊一先生が考案された「褥瘡のラップ療法」、

その理論と実践方法についてわかりやすく紹介されているDVDがあります。



褥創治療最前線! Dr.鳥谷部の超ラップ療法/ケアネットDVD 単行本 – 2007/8/23
鳥谷部 俊一 (著)


10年前私が研修医時代に購入して観ていたものですが、

この度久しぶりにこのDVDを見返してみる機会がありました。

10年経っても全く色褪せていない鳥谷部先生の理路整然としてわかりやすい説明のされ方に改めて感動しました。
                         
                

続きを読む

                 
        

人を輝かせる指導法

category - 偉人に学ぶ
2018/ 04/ 10
                 
何気なくネットニュースを見ていたら、次の記事が私の目に止まりました。

ORICON NEWS 2018-04-04
“女子アナ育成請負人”としてのタモリ、愛され女子アナを育てる「頑張らない」働き方とは?


タモリさんと言えばお笑い界の大御所、ビッグ3の中でひと際落ち着きを払った存在で、

それでいて安定した笑いを取ることができる技術を持っていて、幅広い世代に支持されているタレントさんではないかと思います。

当ブログでも、「友達はいらない」という名言や、食べることには体力を必要だという点に注目する価値観などタモリさんの言動について以前から興味を持って取り上げてまいりました。

本日紹介するこの記事からもタモリさんの凄さを知ることができます。
                         
                

続きを読む

                 
        

お釈迦様の生き方から学ぶ

category - 偉人に学ぶ
2018/ 04/ 08
                 
週刊新潮の糖質制限批判記事の検証は一旦お休みとして、

本日4月8日はお釈迦様の誕生日だそうです。

お釈迦様と言えば、言わずとしれた仏教の開祖ですが、

NHKEテレの「100分de名著」歎異抄正法眼蔵など仏教にまつわる様々な思想の在り方を学ぶにつれ、

物事の本質を考えるのに非常に参考になる考えとして私は少しずつ興味を持つようになってきています。

今月の100分de名著のテーマも「法華経」ということで注目している所ですが、

本日はお釈迦様誕生日記念ということで、お釈迦様について勉強してみたいと思います。
                         
                

続きを読む

                 
        

偶然を得るためチャンスを意識する

category - 偉人に学ぶ
2018/ 03/ 23
                 
タレントの所ジョージさんが先日何気なく見ていたテレビの中で、

600円くらいで買える小さな輪投げセットをたまたま購入して、

小さな輪と入れる的が一つだけというシンプルな構造のこの輪投げセットで楽しく遊ぶために、

3m離れた所から3回連続入れるというルールで遊ぶことを思いつき、

今まで3万回チャレンジして惜しいのは2回連続で入ったのが1回だけだったという事を紹介されていました。

その話の中で、仮に3回輪投げが成功したとしても所詮は偶然に過ぎないという前置きをした上で、

「(だけど)偶然に向かって歩いていかないと、偶然は起きない」という事をおっしゃっていました。
                         
                

続きを読む