2015年02月

        

飢餓や摂食障害は、断食や不食とは違う

category - よくないと思うこと
2015/ 02/ 28
                 
岩田健太郎先生の著書「食べ物のことはからだに訊け!」の中では、

私が勉強している「断食」や「不食」についても批判的なコメントが書かれていました。

今日はこれについて反論してみたいと思います。

当ブログでも取り上げたことのある断食で脊髄小脳変性症を克服した森美智代さんのエピソードに関して、

岩田先生は次のように述べられています。

(以下、p106より引用)

【神経性食思不振症という本当にある病気】

森(美智代)氏は1日50キロカロリーで体重は60キロまで太った、と説明しています。

そういうことはよくあります。典型的には低栄養とタンパク質不足で身体に水がたまってしまう状態です。

健康を害して肝臓や腎臓、心臓を悪くした人も体重は増えます。

我々医師は食べないでどんどん衰弱して、そして亡くなっている人もたくさん観察しています。

典型例が神経性食思不振症の方です。

            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

反論せずにはいられない

category - よくないと思うこと
2015/ 02/ 27
                 
前回に引き続き、岩田健太郎先生の著書、

「食べ物のことはからだに訊け!」についての感想を書きます。

本文の中に「なんで自分と違う食事を攻撃したがるのか?」と題して書かれた文章があります。

(以下、p38-39より引用)

糖質制限に関わらず、ある食事法に「はまった」人は、

他の食事法を選択した人を攻撃する傾向があります。

これを教えてくれたのは内田樹先生です。

以前、内田先生も(詳細は忘れましたが、麦か何かだったかな)の食事法に凝って、そういう食事ばかり摂っていたそうです。

すると、周囲でカツ丼やケーキやいろいろなものを食べている人に怒りの感情が湧いてきたんだそうです。

            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

エビデンスにこだわりすぎる思考

category - よくないと思うこと
2015/ 02/ 26
                 
感染症領域のトップランナー医師である岩田健太郎先生の新書、

「食べ物のことはからだに訊け!」を拝読しました。



岩田先生は非常に優秀な先生で、

私も過去に岩田先生の著書を何冊か購読して、大変参考になる内容が多かったですが、

今作に関してはちょっといただけません。読んでいて大変残念な思いがしました。

全体は、糖質制限をはじめ、1日1食、不食などに関する健康本を「トンデモ」本と称して批判的な見解を述べている内容でしたが、

一言で言えば、糖質制限をまともにやっていない医師のエビデンスベースの意見、なのです。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

製薬会社の息がかかっていない薬

category - 漢方のこと
2015/ 02/ 25
                 
今医療の中で用いられている西洋薬は、

厳格にルールが定められた臨床試験が行われ、その有効性が認められたものが世に出ています。

簡単にいうと同じような年代や性別の集団を、薬を飲んだ群とその薬に似せたニセの薬(プラセボ)の群とにランダムに分けて、

薬を飲んだ群で何らかの差があったという事が証明されれば、この薬は有効だという事になるわけです。

という事は病院で処方される薬は基本的に信頼できるものだと思われるかもしれません。

しかしながらノバルティスファーマ社のディオバン論文捏造事件で問題になったように、

今やその臨床試験の信ぴょう性そのものが揺らいでいる状況です。

そこには薬を売りたい製薬会社の思惑が複雑に絡んでいます。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

点鼻インスリン吸入療法は期待できない

category - 素朴な疑問
2015/ 02/ 24
                 
NHKの今日の健康で「アルツハイマー病」の特集がありました。

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?」と題して、九州大学、生体防御医学研究所の中別府雄作先生が解説されていました。

脳ゲノム研究、すなわち遺伝子解析を専門にされている先生のようで、久山町研究において病理解剖で得られた検体から遺伝子を解析し、判明した事をわかりやすく示されていました。

冒頭に「実は脳のエネルギー源のほとんどはブドウ糖です。脂肪などは使わない使わないのですね」とおっしゃっていた事は残念でしたが、

インスリンが膵臓だけではなく、脳の神経細胞でも産生されている事を示されたのは興味深い事でした。

そして脳の神経細胞で作られたインスリンは、グリア細胞という間を埋める細胞を介して血管内の糖を取り込むようなのですが、

アルツハイマー病では脳の神経細胞でインスリンが産生されなくなり、糖がエネルギーとして使えないために脳神経細胞が弱っていくのだと説明されていました。
            
関連記事
            
                

続きを読む