たがしゅうブログ

糖質制限推進派の神経内科医が日常感じた出来事を書き連ねていきます.

心を上手に変える

先日、江部先生の新著「心を変えれば健康になる」の書評を致しましたが、

ふとみると日常生活のあらゆる場面で心を変えるチャンスがあるように思います。

例えば、私は数年前から徒歩通勤をしており、

片道30分強くらいかかる距離を無理のないスピードで歩いています。

始めたきっかけは、糖質制限で気持ちが晴れて、運動不足の解消にもなり一石二鳥になるからといったところでしたが、

よくよく考えればこの徒歩通勤、考え方によってはものすごく得する事が多い事に気がつきます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/10/31 20:30 ] ふと思った事 | TB(0) | CM(7)

自覚しにくい心の問題を知る

江部先生の新しい本を読みました。



当ブログでも年始に紹介したアドラー心理学の考えを知った江部先生が、

これまでの御自身の人生を振り返り、実はアドラーと近い考え方で生きてきた事に気が付かれて、

その振り返られた人生訓を一冊の本にまとめられた内容でした。

心と身体は文字通りつながっており、そのつながりを円滑にするのが人間関係で、この3者は切り離せない、というメッセージに始まり、

様々な診療経験を下に語られるメッセージはいずれもわかりやすくて、大きな説得力がありました。流石は江部先生です。

今までの糖質制限本とは違った江部先生の一面も知る事ができました。
関連記事
[ 2015/10/24 22:15 ] おすすめ本 | TB(0) | CM(4)

不自然な乳汁分泌

ブログ読者のあーちゃん47才さんから次のようなコメントを頂きました。

産婦人科で出産し入院している時の食事が
「母乳にいいから」と 牛乳・ヨーグルト・チーズが
しょっちゅう出てました。また、ごはん・うどん・もちは
よく母乳が出るが食べ過ぎると乳が詰まり
乳腺炎になるなど 指導もありました。

上記の食品は乳製品も含めて
確かに 胸が張ります。
母乳での子育てが終わった今でも
糖質を摂りすぎたりすると胸が痛くなることもあります。

母乳がよく出る食品は 乳腺がつまりやすいので
乳がんになりやすい?のでしょうか。


女性しか経験できない貴重な体験を教えて頂き、大変有難いです。

今回はここから乳製品の本質について考えてみたいと思います。
関連記事

ミトコンドリア病から見えること

ミトコンドリア病と呼ばれる病気があります。

厚生労働省の定める難病にも指定されている疾患で、別名を「ミトコンドリア脳筋症」といいます。

その名の通り、脳と筋肉が障害されやすいのですが、

実際にはひとくちにミトコンドリア病といっても、遺伝子の異常パターンによって現れる症状は様々で、

痙攣、筋力低下、心電図異常、眼症状、肝機能障害、腎機能障害、糖尿病、鉄欠乏性貧血、難聴、下痢、便秘、発汗低下、多毛、低身長、低カルシウム血症など、実に多彩な症状を呈します。

逆にその事は生命におけるミトコンドリアの重要性を物語っているように私には思えます。

さて、糖質制限を学んでいるとしばしば登場する「ケトン体」、これがどこで作られているか皆さんは御存知でしょうか。

実はこれは肝臓の細胞内のミトコンドリアで作られています。

従って、ミトコンドリア病においては基本的にケトン体が不足している状況を想像する事ができます。
関連記事
[ 2015/10/13 23:10 ] ふと思った事 | TB(0) | CM(5)

乳製品は良いのか、悪いのか

ブログ読者のいちごさんより御質問を頂きました。

『MEC食でも推奨されているチーズですが、
低糖質な食品ですが、
先日読んだ「乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか 単行本 – 2008/10/15
ジェイン・プラント

牛乳はもちろん、ヨーグルト、チーズ、クリームと
乳製品は乳がん促進と関連あり、
一切取るのをやめたら再発癌も消えたと
科学者である著者が記載しています。

(穀物は摂取されているみたいですが、、、)

糖質以外の何かの物質が発がんに関与しているのでしょうか

単なる量の問題でしょうか?

本当のところはどうなんでしょうか???
ネット検索しても賛否両論でどう解釈したらよいのやら、、、

糖質制限OK食品ということもあり
チーズはよく食べているので(毎日30-40gぐらい)
かなり気になっています・・・ 』
関連記事
プロフィール

たがしゅう

Author:たがしゅう
本名:田頭秀悟(たがしら しゅうご)
漢方好きの神経内科医です。
南鹿児島さくら病院にいます。
糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。
糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。
今「自分で考える力」が強く求められています。
私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。
ツイッター:https://mobile.twitter.com/tagashuu600

※当ブログ内で紹介する症例は事実を元にしたフィクションです。

最新トラックバック
メールフォーム