2017年05月

        

食べるために「食べない」

category - ふと思った事
2017/ 05/ 31
                 
一般的に抗がん剤でよく見られる副作用に「食欲不振」「下痢」があります。

消化管というのは生命維持にとって要となる存在です。進化の歴史でみると原始には腸だけで存在しエネルギー交換をしていた生物もいたほど重要な器官です。

「下痢」は消化管が機能していない状態を反映し、「食欲不振」はそんな弱った消化管に食物が入って来ないようにするための防御反応であるように思えます。

抗がん剤は大事な消化管に真っ先にダメージを与えてしまう極めて不適切な治療方法だと私は考えていますが、

この事は逆に考えれば、「消化管機能を回復するには絶食が有効」という事を身体が教えてくれているように思います。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

材料と環境整備

category - おすすめ本
2017/ 05/ 30
                 
私は糖質制限でうつ病を克服した実体験を持つ医師ですが、

世の中には糖質制限関係なしでうつ病を克服したという人もおられます。



うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 単行本 – 2017/1/19
田中 圭一 (著)


私はストレスマネジメントには、糖質制限に勝るとも劣らない効果があると考えています。

おそらくこの本には糖質制限関係なしにうつ病を克服できるほど優れたストレスマネジメントの方法が書かれているのであろうと思い、

興味を持って読み進めてみる事にしました。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

自分の考えを軌道修正し続ける

category - 自分のこと
2017/ 05/ 29
                 
私が糖質制限を始めたきっかけは夏井先生で、

安心をして糖質制限を続けられるよう基礎理論を教わったのは江部先生です。

しかし最初は1日3食+間食であった食習慣が、

時を経て1日1食+時々断食となった今のスタイルは、誰かから教わったわけではありません。

気がつけば導かれるように自然とそうなっていきました。

守破離」という言葉がありますが、きっかけは誰かから教わったことであっても、

そこから脱却して自分で会得していったものには、それなりの強みがあると私は思っています。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

必要物質は自分で作れてこそ

category - ふと思った事
2017/ 05/ 28
                 
前回の「薬は材料を補充しない」という記事では、

材料を補充せずに乏しい生体内資源で無理矢理に神経伝達物質を作り出すような治療戦略には、

病気がよくなる道理はないという事を書かせて頂きました。

この話を糖尿病に当てはめてみるとどうでしょうか。

糖尿病の治療で鍵となる物質はなんといっても「インスリン」です。

インスリンは、21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合で繋がった構造を持ち、やはり合成には蛋白質の存在が不可欠です。

ところがインスリンは、アセチルコリンやセロトニンと違って、現代医学の発展により材料がなくともインスリンそのものを注射で投与することが可能です。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

薬は材料を補充しない

category - よくないと思うこと
2017/ 05/ 27
                 
主にアルツハイマー型認知症に用いられるコリンエステラーゼ阻害剤という薬があります。

アルツハイマー病においては脳の神経の変性が起こり、アセチルコリンという神経伝達物質が出せなくなり、枯渇する事によって記憶を中心とした認知症の症状が出ると考えられています。

コリンエステラーゼ阻害剤を「アセチルコリンの補充」という意図で用いる医師も要るようですが、

コリンエステラーゼ阻害剤はアセチルコリンを分解するコリンエステラーゼという酵素の働きをブロックする事によって、

本来ならば分解されていたはずのアセチルコリンを分解させない事によって、アセチルコリンの総量を増やしています。

確かに見かけ上、アセチルコリンの総量は増えていますが、これは言ってみれば少ないアセチルコリンを無理矢理絞り出しているような状況です。
            
関連記事
            
                

続きを読む