2018年03月

        

病気と戦わず、病気を見つめる

category - おすすめ本
2018/ 03/ 31
                 
先日、友人に勧められて以下の小説を読みました。



最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫) 文庫 – 2016/11/1
二宮敦人 (著), syo5 (イラスト)


ある日突然余命幾ばくもないことを宣告されたとある3名の患者達、

それぞれの患者が病気と向き合っていく姿がリアルに描写され、生と死について深く考えさせられる医療系小説です。

作者の二宮敦人さんは随分お若い方ですが、すでにこの作品以外にもたくさんの小説を書かれていて、この作品もすでに10万部以上を超えるヒット作となっているそうです。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

理由がわからなくても追及し続ける

category - イベント参加
2018/ 03/ 30
                 
先日、NHKスペシャル「人体」についての私の感想を述べましたが、

今その「人体」の特別展が東京は上野にある国立科学博物館で開催されています。

先日ちょうど東京に出かける用事があったので、足を延ばしてその特別展を観覧してきました。

15世紀に活躍したレオナルド=ダ=ヴィンチの天才的な頭脳と観察眼を元にした詳細な解剖研究を元に一気に医学の発展スピードが早まったことの紹介を皮切りに、

脳、筋肉、心臓、骨、神経、呼吸器、消化器など様々な臓器の展示や、

それぞれの臓器の魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類間での比較や発生学についてなど、汎動物学的な観点からもいろいろな解説があったり、

さらには展示の後半には8Kテレビでの鮮明な顕微鏡画像や、今後人体を解明するための鍵であり壁として立ちはだかるエピジェネティクスについて語られるコーナーもあったりして大変に興味をそそられました。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

技術の進歩を安易に歓迎しない

category - ふと思った事
2018/ 03/ 29
                 
昨年の秋から8回に渡ってテレビで放送されたNHKスペシャル「人体」

タモリさんと山中伸弥先生のダブル司会の番組、皆さんは御覧になられましたでしょうか。

私はなかなか見る機会がなくて最後の方の放送回だけチラッと見て、あとは録画してあった分を遅ればせながら少しずつ見ている状況です。

最新の科学で解き明かす今回の「人体」のテーマは臓器同士の神秘の巨大ネットワークとそれを支えるメッセージ物質とのことです。

今までは脳が司令塔となって全身の各諸臓器に命令を出して人体が動かされているという理解でしたが、

そうではなくて腎臓から心臓へ、筋肉から脳へ、脂肪細胞から血管へ、膵臓から筋肉へ、などのように

臓器同士がそれぞれ独自のメッセージをやり取りを行い複雑なネットワークを形成しているというのがこの番組シリーズを通じて最大のメッセージだと思います。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

自然を重視した食事の在り方

category - ふと思った事
2018/ 03/ 28
                 
これまで私は、ケトン体産生を促す食事療法という点で、

糖質制限の延長戦上にケトン食、絶食療法があるという風に考えていました。

つまり下記のような理解です。

糖質制限
糖質制限+蛋白質制限=(古典的)ケトン食
糖質制限+蛋白質制限+脂質制限=絶食療法(断食)


ところがふと考えてみると、糖質制限、ケトン食、絶食療法は一直線上に並んでいるのではなく、

糖質制限と絶食療法は一直線上に並んでいるけれど、ケトン食だけ少し外れた所に位置している事に気付きました。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

尿酸が低くても痛風発作をきたす理由

category - 素朴な疑問
2018/ 03/ 27
                 
先日の尿酸値低めで痛風発作をきたした患者さん

LDH(乳酸デヒドロゲナーゼ)が低いことと関係があるかもしれないという私の見解についてもう少し詳しく述べてみたいと思います。

LDHという血液検査項目は一般的には細胞破壊を反映する項目と考えられています。

外力や炎症などの理由で細胞が破壊された時に血液中に放出される酵素で逸脱酵素と呼ばれます。

LDHは心臓、肝臓、骨格筋、腎臓など全身の様々な細胞に分布しています。

LDH単独で上昇する場合、身体の中のどこで問題が起こっているのか推定するのは難しいのですが、

例えば一緒に肝臓だけに分布するASTという逸脱酵素が一緒に上昇していれば、肝炎などの存在が示唆されます。
            
関連記事
            
                

続きを読む